体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケチャマヨプラスでお家ハンバーグが2UP!『2アップハンバーグ』

ケチャマヨプラスでお家ハンバーグが2UP!『2アップハンバーグ』

 某保険会社の1UP(ワンアップ)というCMが、CMソングの印象強さや俳優陣の素敵さもあり、個人的に毎度気になって仕方ありませんが、普段家庭でつくるハンバーグも手軽にワンアップさせたいとと常々考えています。

 レシピ通りなのにどうしてこんなに上手くいかないの!と思う事が多々あり、テレビでこれが良いといえばそれを試し、ネットで噂になればそれも試しと……でもどれもしっくりいかず。そこで自分なりに色々と研究してみました。そして改良に改良を重ねたどり着いたのがケチャップとマヨネーズをプラスするだけの1アップどころか2アップしちゃう「2アップハンバーグ」。ちなみに、仕事で遅くなることも多いので、ズボラ要素も加えています。

【関連:家事えもん流「肉汁ジュワ~」なハンバーグが好評なので半額シールの激安肉でどこまで美味くなるかつくってみた】

2アップハンバーグ

■普段のハンバーグだねにケチャップとマヨネーズを追加するだけ

 作り方は簡単。普段皆さんが自宅でつくるハンバーグの材料に、「ケチャップ」と「マヨネーズ」を加えるだけです。
分量は牛豚合い挽き肉約300グラムに対し、ケチャップ大さじ1~2杯、マヨネーズ1~2杯を加えて他の材料と一緒にこねるだけ。

▼牛豚合い挽き肉約300グラムに対し
・マヨネーズ大さじ1~2杯
・ケチャップ大さじ1~2杯

 ケチャップはそれ単体にうまみ成分が凝縮されているのは良く知られています。私は玉ネギをいためる工程が面倒くさく、常々手抜きのできる段取りを考えていました。新玉ならまだしも普段購入する安い玉ネギだと炒める以外甘みを引き出せませんから。そこで出せないなら入れれば良いじゃない!の発想で冷蔵庫にあるケチャップを試しに入れてみたところ、味が見事に1アップ!肉のうまみと混ざり合いほんのわずかに甘みを感じるハンバーグに。ケチャップの量ですが控えめより思い切って大さじ2ぐらい入れる方が個人的には好みです。また、ケチャップの香りがほどよく漂い食を刺激してくれます。ケチャップソースはあまったるくて苦手ですが、この作り方だとそこまで甘くなりません。

 そしてマヨネーズはかなり昔、SMAP×SMAPで紹介されていた一手間を参考に。マヨネーズを入れることで、安い肉でも肉汁を出すことができます。これでさらに1アップの計2アップ!混ぜてもマヨネーズの味はほとんどしませんし、加えることで味がまろやかになります。こちらも多少多めの大さじ2入れる方が肉汁ジュワ-となりやすいです。なお、マヨネーズは味に影響をほとんど与えません。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会