ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
エコバッグの登場以来、何かと風当たりの強いポリ袋。環境に悪いと知りつつ、でも出先で急に買い物したときなどついつい便利で使ってしまいますね。そんなポリ袋を、人助けのために再利用しているアメリカの女性たちの活動が話題を呼んでいます。

教会のボランティア「バッグ・レディ」

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

こちらが、アメリカ東部テネシー州にあるセカンド・バプテスト教会(Second Baptist Church)に通う自称「バッグ・レディ」(Bag Lady)の皆さま。笑顔が輝いていますね。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
実はこのバッグ・レディのみなさんは、スーパーでもらえるポリ袋をベッドマットに変えて、ホームレスの人々に届けるボランティアを行っているのだとか。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

一体どうやって、あのポリ袋がこのようなベッドマットになるというのでしょう?

■あわせて読みたい

旅行中も大活躍! 国内で買える、世界のスタイリッシュなエコバッグ3選
【世界の可愛い雑貨】ベトナムの「飼料袋」を使ったキュートなエコ雑貨
ホームレスの人々に無料ヘアカットと笑顔を届けるロンドンの美容師

ポリ袋がベッドマットに変わるまで

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

彼女たちの仕事は、まずポリ袋をひも状に裁断するところから始まります。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

そしてそれを結び合わせ、長い長いひもに変え…。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

そしてそれを毛糸球のように丸めていきます。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

あとは、ひたすら太いかぎ針で編んでいくのです。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

マットのサイズは、横が約90センチで縦が180cmくらいなのだとか。シングルベッドよりも少し小さいくらいですね。けれども、そのサイズまで大きくするには、マット1枚に約600枚もポリ袋を使うのだそう! そんなに大量に使うんですね。

約5万2千枚のポリ袋を100枚以上のベッドマットに

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

このバッグ・レディのボランティア・グループが立ち上がったのは2015年1月のこと。ミシシッピ川の近くで寝起きするホームレスの人々の存在を知った彼女たちは、少しでもホームレスの人々が快適な環境で過ごせるようにベッドマットを作ることにしました。それ以来、100枚以上のマットを完成させ、寄付してきたのだとか。その数、ポリ袋にすると約5万2千枚以上を使ったことになるそう!

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c) Second Baptist Church

関節炎を患っているメンバーもいるというバッグ・レディたちにとって、2メートル近いマットを作るのは簡単ではないでしょう。それでも、この作業は「夢中にさせる中毒性がある」とメンバーは語っています。誰かの役に立つ行為をするということ自体が素晴らしいですし、こうやって仲間同士で集まりながら作業するのも楽しいんでしょうね。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」
(c)facebook/WPSD-TV

そうと聞いたら、自宅で埋もれているポリ袋をバッグ・レディに寄付したくなるのが人情。 ただし、テレビなどのメディアに何度も取材されたことで、彼女たちの元にはポリ袋の寄付が山ほど寄せられてしまいストックが溢れているのだとか。残念ながら、現在はポリ袋の寄付は受け付けていないそう。

一石二鳥のリサイクル?ポリ袋をベッドマットに変えてホームレスに寄付する「Bag Lady」

その代りバッグ・レディたちは、「ぜひご自身でも始めてみてください!」と一般の人々にも呼び掛けています。教会のホームページで詳しい手順も発表しているので、マットほど大がかりなものは作れなくても、小さいものからスタートしてもいいかもしれません。そしてそれが、いつか誰かの役に立ってくれたらいいですね。

[Volunteers Recycle Over 52,000 Plastic Bags Into Sleeping Mats for the Homeless]
[Second Baptist Church]
[facebook/ WPSD-TV]
[All Photos by shutterstock.com]

■あわせて読みたい

世界でもっとも環境にやさしい、エコフレンドリーな5つの街
【絶景を守ろう】地球にやさしいエコホテル6選
究極の「エコ」! 野菜を育てちゃう水槽が海外で話題に

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。