ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!

  • ガジェット通信を≫

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!
毎朝一杯のきな粉ドリンクがダイエットにも若返りにも効果的、と今話題の「朝きな粉ドリンク」。きな粉は食物繊維が豊富なため、抗酸化力あるドリンクと組み合わせれば、美容・ダイエット効果は倍増します。 今回はそんな美容効果が期待できる「朝きな粉ドリンク」について、きな粉の成分や効果、注意点、今日からすぐ実践できるドリンクレシピまで、医師に詳しく解説していただきました。

きな粉の美容に効果的な成分

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!

食物繊維

糖などの吸収を緩やかにしてくれたり、便秘解消効果などがあります。

大豆イソフラボン

抗酸化効果があり、アンチエイジングに役立ちます。

大豆レシチン

細胞を正常な状態にキープしてくれる不飽和脂肪酸です。利尿効果もあります。

大豆サポニン

NK細胞を活性化させることで、免疫機能を保ち風邪などをひきにくくする効果も。

朝きな粉ドリンクの効果

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!

便秘の解消

豊富に含まれる、水溶性、不溶性両方の食物繊維の効果によって便秘の解消が期待できます。

むくみを防ぐ

カリウムが含まれること、また、サポニンやレシチンに含まれる利尿効果によりむくみの改善が期待できます。

骨を丈夫にする

カルシウムが豊富に含まれており、特に閉経後の女性などにお勧めできますね。

インフルエンザ予防

レシチンなどの効果によって、免疫機能を活発に保ち、これからの季節特に気になるインフルエンザや風邪などの感染症予防にも役立ちます。

お肌をすべすべにする

アンチエイジング作用のあるビタミンEやイソフラボンなどが若々しい、つやのある素肌を作ります。

きな粉ドリンクの注意点

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ! きな粉ドリンクは上記のようなうれしい効果がいっぱいの上、なかなかおいしいのでつい飲みすぎてしまうケースもあると思います。 ですが、大豆は糖質やタンパク、脂質などもある程度含むので摂りすぎはカロリーオーバーになりますから、ほどほどに摂取するようにしましょう。

朝に「OKドリンク」と「NGドリンク」がある!?

朝に効果的なドリンク

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!
■牛乳 カルシウムも多く、朝らしい飲み物です。便通にも良い効果があります。
■豆乳 こちらも大豆の栄養があってヘルシーですね。
■湯冷まし これも水分補給にはぴったりです。

朝に控えるべきドリンク

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ!
■コーヒー 朝はコーヒーがないと、という方は多いと思いますが、カフェインを朝一番に摂取することはカフェインの効果を感じにくい体になることもあるようです。
■オレンジジュース これも意外ですが、柑橘類はソラレンという物質を含み、これを摂ってから日に当たると肌が紫外線を吸収しやすくなるといわれます。
■エナジードリンク こちらもカフェインなどのほか、糖分も多く、朝の目覚めに適した飲み物とは言えません。
■冷たい水 あまり冷たすぎる飲み物は身体を急激に冷やし、よくありません。

医師おすすめ!きな粉ドリンクランキングベスト3

1位:きな粉アボカド牛乳

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ! きな粉適量と牛乳、アボカド半分ほどをミキサーにかけ、好みの甘みを加えます。アンチエイジング効果たっぷりです。

2位:きな粉ココア

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ! 通常の作り方のミルクココアにきな粉を小さじ一杯程度加えます。香ばしさもあっておいしいですし、カカオのポリフェノールも期待できます。

3位:きな粉豆乳

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ! 市販のものにもありますが、自分で作ると味の調節もしやすいですね。きな粉と豆乳、はちみつなどをミキサーにかけるだけです。大豆の効果がダブルで期待でき、食物繊維もたっぷりです。

最後に先生から一言

《朝きな粉ドリンクのススメ》驚きの5つの効果で毎朝スッキリ! 大豆は身体によい栄養素がいっぱい。ぜひ、積極的にきな粉を取り入れていきましょうね。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

スキマ時間に若返り?アンチエイジングに効くお茶4選
【英】ニキビに悩んだ人は肌が老化しない?鍵を握る「テロメア」の正体
内側から若返る!高い抗酸化力を持つ「鮭」の効果的な食べ方とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。