ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「空中盆栽BAR」や「梅見風呂」。星野リゾートが提案する、梅尽くしの旅

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのはなんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。

そんな時代を越えた梅の魅力に触れる「古今梅滞在」が、星野リゾート 界 熱海で開催。一足先に春気分を味わえそうです。

梅の盆栽を愛でながら
オリジナル梅酒を楽しむ

湯上がり処・青海テラスに登場するのは「空中盆栽BAR」。もう名前の時点でインパクト大です。

伊豆山の自然と相模湾を借景に、テラスを床の間に見立ててしつらえられた盆栽を愛でながら、梅酒をゴクリ。漬けあがった梅酒を原酒そのまま瓶詰めした逸品は、地元・富士高砂酒造とコラボレーションしたオリジナル梅酒だとか。

期間:2017年1月28日~2月12日

絶景露天で梅の香りを

露天風呂「古々比の瀧(こごいのゆ)」では、この時期ならではの梅見風呂を満喫。梅はその香りの強さゆえ、古来から「夜に見るもの」「香りを楽しむもの」とされてきた花。伊豆山の梢に浮かぶ湯に浸かり、じんわりと身体を温めながら、漂う梅香に感覚を研ぎ澄ます湯治なんていかが?

梅の見頃:1月下旬~2月下旬(気候により変動)

そのほかにも、本館最上階に位置する梅の意匠に包まれた「あたみ梅の間 特別室」で、伝統工芸「駿河竹千筋細工」の飾り障子、梅ギャラリー、梅マカロンなど熱海の梅文化に浸るひと時を過ごしたり、

梅をモチーフにした「あたみの梅鍋」で和牛のしゃぶしゃぶを楽しんだり。とにかく梅尽くし!

ちなみに熱海は、日本一早咲きの梅が一足早い春を告げる場所。誰もが桜に注目する現代だからこそ、いま一度ひっそりと咲く梅ならではの美を見つめ直すのも粋だと思います。Licensed material used with permission by 星野リゾート 界 熱海

関連記事リンク(外部サイト)

星野リゾートが提案する、氷の露天風呂「アイスインフィニティ」
「青森ねぶた」を楽しめる、星野リゾートの露天風呂が幻想的!
星野リゾートが手がける、南国の海の上で味わう朝食「Sunrise Breakfast」がロマンチック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP