体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プライオリティ・パスが無料で貰える!おすすめのクレジットカード まとめ

Photo credit:By Haley 1029 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:By Haley 1029 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy Magazineの斎藤ゆかです。 飛行機の到着を待ちながら無料のドリンクを飲み、ゆったりとソファーにもたれてインターネットを利用したり新聞や雑誌を読むことができるスペース、空港ラウンジ。「プライオリティ・パス」のサービスを受ければ、旅行や出張の際に役立つ空港ラウンジを気軽に利用することができます。
出発前のひとときをラウンジで快適に過ごすことができるプライオリティ・パスとは一体どのようなものなのか? そして持っていたらどんなサービスが受けられるのか? 今回は、海外旅行や海外出張が多い方に必見のプライオリティ・パスの情報と、プライオリティ・パスが無料で貰えるおすすめのクレジットカードについて詳しくご紹介します。

プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パス(Priority Pass)とは、空港ラウンジに関するサービスを提供する企業の名称です。そしてこの企業が提供している、空港ラウンジ利用のためのカードの名前も「プライオリティ・パス」といいます。プライオリティ・パスは、航空会社の会員権や搭乗クラスに関わらず、空港を利用する旅行客が空港ラウンジサービスを活用できるようにする事を目的とし、1992年に設立されました。
プライオリティ・パスの主なサービスは「空港ラウンジサービスの提供」であり、会員になると世界120か国・400都市・950か所以上の空港ラウンジを利用できます。欧米諸国はもちろんの事、アジアや中東各国の空港ラウンジも加盟しています。ですから旅行が趣味で海外によく行かれる方、海外出張が多い方は、プライオリティ・パスを持っていれば世界中どこへ行ってもラウンジを利用して快適に過ごせること間違いなしです。

魅力的な会員特典

搭乗時間までの時間を落ち着いたラウンジで軽食や飲み物を楽しんだり、オフィス設備で仕事をするなど、有意義に過ごすことができます。多くのラウンジでは、無料Wi-Fiを提供しているので、インターネット接続を利用して家族や友達との会話、または仕事のやり取りなど、搭乗までの待ち時間を有効的に過ごせます。また、ラウンジ内には充電設備が整っているので、電子機器の充電も可能です。
通常プライオリティ・パスを用いてラウンジ利用する際は、カードの提示が必要ですが、デジタル会員カードが使える新しいアプリをダウンロードすれば、「デジタル会員証」が表示されたスマホ画面を見せることでラウンジに入場できます(カードを持ち歩く必要がありません)。ただし、金融機関を通じてプライオリティ・パスに入会した場合、デジタル会員カードにアクセスできない場合があるのでご注意ください。

プライオリティ・パスを利用するには?

プライオリティ・パスには、「スタンダード会員」「スタンダード・プラス会員」「プレステージ会員」といった3つの会員ランクがあります。この会員ランクによって年会費も異なり、サービスの内容も違ってきます。
スタンダード会員
 年会費99ドル。1利用ごとに27ドルの料金がかかる。/同伴者利用料金:27ドル
スタンダード・プラス会員
 年会費249ドル。10回まで空港ラウンジ無料利用可能。それ以降利用は1回毎に27ドル。/同伴者利用料金:27ドル
プレステージ会員
 年会費399ドル。利用制限なし。いつでも無料で空港ラウンジ利用可能 /同伴者利用料金:27ドル
飛行機の利用頻度が高い方には、無料で何度でもラウンジを利用できるプレステージ会員が特におすすめです。
次に、プライオリティ・パスを利用する際、知っておいて頂きたいことをお伝えします。
プライオリティ・パスは本人しか利用できません。そのため家族や友人が利用する場合は、プライオリティ・パスを持っている方の同伴がなければラウンジに入場できませんので注意してください。

プライオリティ・パスの使用方法

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会