ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬の装い ベストは「一歩間違えるとマタギか鬼太郎」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世のオバサマ方が美しく健康に生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス! 今回は冬のファッション、買い物術のお話です。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう! いよいよ本格的な冬の到来。さぁ、お買い物の季節です、と言うと、「私って、いつも同じような色やデザインのお洋服を買っちゃうのよね」とおっしゃるかたがいます。見れば確かにそう。

 でも実はその後ろには、もうひとつ、本人も気づかないことが隠されています。それはファッションに投資していないことの言い訳。

 あっという間に1年経ってしまうような、私たち世代にとって、去年のことなどつい先日のようなもの。お洋服も“最近”買ったようなつもりでいるかもしれませんが、改めて自分に問うてみてくださいな。

「この秋冬、お洋服を買いましたか?」

 実際、こう聞くと、「あら、そういえば、今年はまだ何も買ってないわ」とお答えになるかたが、案外と多いんですよ。

 妙齢の女性が、おしゃれに、しかも若々しくあるためには、カバーしなければいけないパーツが増える分、それなりの投資は必要です。

 で、今年は何を買うべきか。トレンドは、春夏とほとんど変わっていません。アイテムでいえば、ガウチョ、スカウチョ、ボウタイブラウス、ニットなどのセットアップ。目につくものといったら、ヒョウ柄の小物くらいでしょうか。

 ベストもたくさん出ていますが、一歩間違えると、ファーのベストはマタギ(猟師さん)みたいだし、ロングベストは“鬼太郎のちゃんちゃんこ”のよう。こういった着こなすのにテクニックが必要なものを、積極的におすすめする気分にはなれません。

 少し視点を変えてみましょう。私自身、テレビではよく使う言葉ですが、ファッションはすべて“モテアイテム”と“おブスアイテム”に分類することができます。

 そして、女性の人生にはモテアイテムだけで充分、と思っています。考えてみてください。同じお洋服を着て、足元がおしゃれ系でないペタンコ靴の女性と、パンプスを履いた女性がいるとします。ゴミ出しをお願いするとしたら、どちらの女性にしますか?

 答えは明白ですね。もちろん、他人様のお役に立ちたいという心も、その姿勢も尊いものですよ。でも、それと“見た目”は別の話。女性たるもの、ゴミ捨てにふさわしい服で外出するべきではありません。

 つまり、トレンドなどは関係なく、お洋服を買う時に迷ったら、“モテ服”を選ぶべし! いえ、もう一歩進めて、「女性はモテ服・モテアイテムの収集家になりましょう」と申し上げておきましょう。

 福原愛ちゃんの結婚会見、ご覧になったでしょう? 日本ではお振袖、台湾では可憐なワンピース。五輪でメダルをかけて闘っていたときですら、リボンモチーフ&ハートモチーフのピアスとネックレスが輝いていました。

「本当に素敵なレディーになられて…」と感動していたら、超イケメン選手との電撃的な結婚発表。「やっぱりね!」と納得です。

 リボンやハートモチーフというと、子供っぽいイメージを持たれるかもしれませんが、大人の女性にふさわしいシックなデザインのものは、世にあふれています。

 それ以外でも、ワンピースやパンプス、華奢なハンドバッグなどのモテアイテムは、幸運の象徴ですよ。

 さあ、幸運を招くためにも、この冬のモテ服を探しに、街へ出かけましょう。

オバさん、万歳!

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
植松晃士氏がオバさんにオススメ 大胆なチェック柄でAKB風?
姑が3才の孫を勝手にワカメちゃんカットにして、嫁泣き崩れる
欅坂46 ファッションアプリのCMに起用、デビュー曲公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP