ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

諦めない! 小説家・山口恵以子が「食堂のおばちゃん」は運命

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 努力とがまんを続けても、夢はかなわないこともある。しかし、かなえている人がいるのも事実。それも、50代になった今、ようやくに…。彼女たちの原動力は何か。苦節35年で文学賞を受賞した山口恵以子さん(58才)の場合――。

 49才で作家デビューをし、55才の時発表した『月下上海』で第20回松本清張賞を受賞。一躍、“売れっ子作家”となった山口恵以子さん。しかし、それまでの道のりは長かった。

「私、“弁護士になりたい”とか“アイドルになりたい”とか『~になりたい』という夢は、努力したって99%の人がかなわないと思うんです。かくいう私も、大学時代は『漫画家』を、その後は『脚本家』を目指しましたが、かなわなかった」(山口さん・以下「」内同)

 30代は、脚本の土台となる物語・プロットを書いていたが、それでは生活できないと、契約社員を掛け持ちしながらも執筆を続けたという。

「40代半ばを過ぎ、脚本家の新人賞を取るのは無理だと悟りました。でも小説家なら何才でも新人賞が取れる。そもそも私は物語が書きたかった。その手段が、漫画だろうと脚本だろうと小説だろうとかまわない。“何になりたい”かでなく、“何がやりたいか”がわかっていたから、35年間挫折することなく続けられたんだと思います」

 44才で丸の内新聞事業協同組合の社員食堂に勤務し始め、“食堂のおばちゃん”に転身したのも運命だったという。

「この時、初めて安定した仕事に就いたんです。『恒産なくして恒心なし』とはよくいったもので、安定した収入があれば心が安定する、だからいい物語が書けるんですね。私は書き続けるために、就職したんですが、“食堂のおばちゃんが小説家”というギャップがあったおかげで有名になれた。こういう“運”も、必要な要素だと思いますね」

 今後の夢は、死ぬまで仕事を受け続けること。

「長編を書く体力は70才くらいまでだろうと思うと、あと12年しかない。後悔しないよう書き続けます。やりたいことがあったら挑戦しないと必ず後悔します。それほど不幸なことはありませんからね」

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
彼氏がいない女子大生 彼氏が欲しくない割合48.8%の結果
食堂のおばちゃん作家・山口恵以子 初エッセイ集1週間で執筆
人間関係に悩む41才男 お笑いDVD観て「芸人になる!」宣言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。