体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

魅力ある街々が全土に点在するドイツ。「行きたいところがたくさんありすぎてどこに行けばいいかわからない!」と迷ってしまう人も多いのでは。そこで、南ドイツ在住の筆者がおすすめする、ドイツの魅力をギュっと凝縮したような街、ハイデルベルクをご紹介しましょう。

ドイツの人気観光スポット第2位に輝いたハイデルベルク

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

ドイツを旅するなら一度は訪れてほしい街が、ドイツの真ん中よりやや南に位置するハイデルベルク。ドイツ観光局が外国人観光客に対して行ったアンケートで、2016年のドイツの人気観光スポット第2位に輝きました。(第1位はハンブルクのテーマパーク「ミニチュアワンダーランド」)

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

ハイデルベルクは、ハイデルベルク城を抱く古城の街として知られています。18世紀から、ゲーテやショパンといった多くの文化人が訪れ、この街を称える作品を生み出しました。ハイデルベルク城と旧市街、周囲の自然が一体となった景観は、一度は見たいドイツを代表する風景です。

ハイデルベルクへのアクセスは、フランクフルト中央駅から特急列車でおよそ50分と、フランクフルトからの日帰りも可能。また、フランクフルト空港からハイデルベルクのクラウン・プラザ・ホテルまで、直行バス(所要約一時間)も出ています。

ドイツ三大名城に数えられるハイデルベルク城

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

ハイデルベルクのシンボルが、街を見下ろす高台に建つハイデルベルク城。プファルツ選帝侯の居城として1300年ごろに建設され、以後400年にわたって拡張を続けた結果、ゴシック、ルネッサンス、バロックなど、さまざまな建築様式が混在する建造物となりました。

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

度重なる戦争や火事により荒廃し、現在はなかば廃墟のような姿をしています。だからこそ、華やかな城とはひと味違った、心にじんわりと染み入る風情が味わえるのです。

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

最も保存状態の良いフリードリヒ館は、ドイツ・ルネッサンス様式を代表する名建築。ファサードには、歴代の選帝侯の像16体が並び、かつての栄華を今に伝えています。

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる

フリードリヒ館のバルコニーから眺める旧市街の風景も必見。

在住者おすすめ!ドイツの魅力が凝縮された古城の街ハイデルベルクが素敵すぎる
(C) Haruna Akamatsu

また、城の地下には世界一大きなワイン樽があることでも有名です。直径7メートル、長さ8.5メートル、容量222000リットルのワイン樽は、実際に目にするとそのあまりの大きさに圧倒されます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。