ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“朝の歯磨き”はインフルエンザ予防の新習慣!《歯科医師推奨》

  • ガジェット通信を≫


全国的に
インフルエンザが流行しており、予防接種や徹底した感染対策が必要とされています。 しかし、インフルエンザを予防するために実は歯磨きが有効であることをご存知でしょうか。 今回はインフルエンザ予防に歯磨きが効果的な理由や、予防に有効な歯の磨き方、歯磨きによる健康効果などを歯科医師の彦坂先生に解説していただきました。

インフルエンザ予防に歯磨きが効果的な理由

口腔内が乾燥したり、菌やウイルスが増えることで風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。特に夜の間は唾液の分泌が減り、口腔が乾燥しやすく、口腔内に爆発的に菌が増殖します。 歯磨きすることで、口腔内の菌やウイルスの数を減らしたり、感染予防につながります。感染予防の点からみると、うがいや口をゆすぐことでも効果はあります。

インフルエンザ予防に効果的な歯の磨き方

朝必ず歯磨きする

朝は寝ている間に口の中に爆発的に菌が増殖するため、口腔内が不潔な状態です。菌を減らすには歯ブラシが効果的なので、朝食の摂取に関わらず、朝は歯を磨く習慣を持ちましょう。

朝起きたときに口をゆすぐ

睡眠中に唾液が減り、口腔の乾燥とともに口の中には菌が増えます。朝はうがいや口をゆすいでから食事をとると、口の中の菌を体に入れずに済みます。

歯磨きすることによって得られる健康効果

リラックス効果

歯みがきによって、口腔内を刺激し、リラックス効果や爽快感を得られます。

美容効果

正しい歯磨きを続けることで健康で綺麗なピンク色の歯ぐきと白い歯をキープできます。アメリカでは白く輝く歯と、健康な歯ぐきが高く評価されます。

虫歯予防

歯磨きをしないと口の中の細菌が糖分を利用して酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまい虫歯になります。予防のために歯磨きを習慣化しましょう。

歯周病予防

歯と歯ぐきの境目、つまり歯周ポケットを磨くことで歯茎にも良い刺激を与えるので歯周病予防効果があります。

ダイエット

食後すぐ歯磨きを行うことで、だらだら食べを防ぎます。口腔内がスッキリすることで無駄な食欲を抑える効果も期待できます。

やってしまいがちな間違った歯磨き習慣

歯ブラシの交換が遅い

歯ブラシは毛先が開いて来たら積極歴に交換する必要があります。毛先の開いた歯ブラシでは十分なブラッシング効果が得られないです。 また、何カ月も歯ブラシを使い続けることで歯ブラシ自体に雑菌がわきますので、1カ月程度で新しいブラシに交換する習慣を持ちましょう。

歯ブラシのみで歯磨き

歯と歯の間のプラーク除去は歯ブラシだけでは不十分です。フロスや歯間ブラシを併用する必要があります。

歯磨きは朝と寝る前のみ

朝から寝るまでの間、歯に長時間プラークが付いたままの状態でいるとむし歯や歯周病にかかりやすくなります。朝昼晩と3回歯磨きするか、1日2回になってしまう場合は夜夕食後すぐに歯磨きを行う必要があります。

大きく動かして歯ブラシをする

歯ブラシ時、一歯一歯細かく磨くのが正しい歯磨き方法です。一歯につき歯ブラシを30往復程度させ、細かく動かすことで歯についた汚れやプラークを取り除けます。

歯磨き粉をたくさんつける

口の中が泡だらけになり、磨いたと錯覚しやすいです。歯磨き粉は少量をおすすめします。

インフルエンザ予防に歯磨きガムは有効?

ガムを噛む事で、唾液が多く分泌されます。唾液には自浄作用つまり自然に口腔内を綺麗に洗い流し清潔に保つ力や、抗菌作用があり、唾液で口の中が満たされた状態は重要です。 特にストレスの多い環境や、集中した状態で唾液の分泌は減り、口腔内は乾燥しやすくなります。 乾燥は風邪やインフルエンザを引き起こしやすいため、口腔内を乾燥させないという面で歯磨きガムは効果が期待できます。 頬をマッサージしたり、大きく口を開けることでも唾液の分泌を即することが出来ます。 (監修:歯科医師 彦坂実な美)

関連記事リンク(外部サイト)

【2016-2017年】インフルエンザ流行速報!ワクチン予防接種・感染状況について
歯垢を残さずとるならデンタルフロス 正しい使い方で美しい口内を!
インプラント治療後4割がトラブルに 歯科医師の間でも多い賛否の声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP