ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スイッチ1つでおいしいお茶が!スマートティーメーカー「Qi Aerista」は破格の1万円台から

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カフェブームと相俟って、自動でコーヒーや紅茶を淹れるスマートマシンが、続々誕生している。いずれも水や温度、時間を調整しながら、完璧な飲料を抽出。スイッチ1つでプロ仕様の味を楽しめるところが、大いにウケている。

今回Kickstaterに登場したのは、Wi-Fi対応のスマートティーメーカー「Qi Aerista」。お茶の種類ごとに、最適の湯温や抽出時間を設定できるというものだ。

仕様は同じくクラウドファンディングで支持を得たTeforiaとほぼ一緒だが、価格は大幅にダウン。庶民の手に届く値段になったことも、早々と資金調達に漕ぎ着けた理由の1つだろう。

・お茶の種類ごとに温度や時間を調節

今さら説明するまでもないかもしれないが、詳細について改めて触れておこう。「Qi Aerista」は、前述の通り、お茶の種類(紅茶各種と緑茶、ウーロン茶など)と濃さ(ライト、ミディアム、ストロング)を指定することで、最適温度や蒸らし時間、湯量、抽出時間を自動で決めて、最高の状態でお茶を淹れてくれるプロダクトだ。

すべての設定は、ケトル設置部分にあるボタンを押すだけで済む。家庭ではなかなかうまくできないミルクティーや、抽出したお茶を数分でアイスティーに変えるコールド醸造機能も実装している。お茶が上がったら、スマホに通知。完成までじっとその場に待機する必要もない。

・早期割引なら1万円台で購入可能!

さて気になるお値段だが、Teforiaがプレオーダーで699ドル(約8万1000円)だったのに対して、本品は899香港ドル(約1万2700円)。定価でも、1799香港ドル(約2万5400円)と、大幅なコストダウンを実現している。

支援受け付けは、12月16日まで。オーダーするなら、早目が吉。

Qi Aerista/Kickstater

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。