ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パソコンの処分の前に、ハードディスクのデータをどうするんだ?

  • ガジェット通信を≫

「俺にもし万が一のことがあったら、パソコンからハードディスクを取り出して粉砕してくれ」。HDの中身を誰かに見られたら化けて出ることすらはばかられる、何だかおちおち死ぬこともできない世の中になりました。そういえば買取ってもらったあのパソコン、HDのデータはどうしましたか?

今回は、パソコンの買取を考えている方向けに、ハードディスクのデータ処理について調べてみました。これを読めば、あなたの不安は解消されるはずです!

事情が少々違う、パソコン買取

出典:I-Oデータ
当「ウリドキニュース」でも何かというと、高く売るコツとか相場が上がるとかそんな話ばかりしていますが、パソコンの買取については少々事情が異なってくると思うのです。なぜならば個人情報どころか、恥ずかしい過去も何もかもを記憶しているハードディスクも合わせてショップに託すことになるのですから。だから、HD内のデータは消去した上で買取に出したいところです。

個人情報やデータが心配

出典:窓の杜

「データ復旧」で検索をかけると、まあ山のようにフリーウェアがヒットします。これが結構使えるんです、プロ用の復旧ツールだったらどうなるんでしょう。データをどの程度消したら安心できるのかは人それぞれですが、万一会社の情報などが流出するなどのリスクを考えると、万全を期すに越したことはありません。

じゃあ、どうするのがベストなのか

パソコン本体には、HD以外にデータを記憶している装置はありません。ですからHDを抜いてしまえば、中古パソコンから情報が漏れることはありません。HDにドリルで穴を開けてしまえば完璧です。しかし、HDなしのパソコンを買取ってくれるショップはほとんどありませんし、あったとしてもジャンク扱いで数100円にしかならないケースもあります。

ハードディスクのデータ破壊をしてくれるおすすめパソコン買取・処分業者

リネットジャパン

出典:リネットジャパン

特徴
無料でHDデータ消去ソフトをダウンロードできる
かの有名な「ハードオフ」を運営する会社のサービス

買取ショップがどれだけデータの扱いに慎重といっても不安は残る。そんな場合は、自分で手を下すがの一番。まあ、データを消した後に買取に出せばいいのですが、ゴミ箱にドラッグして消去しただけでは……そんな不安をかかえている場合は「リネットジャパン」を利用するのが良いでしょう。

パソコンの処分を希望すると、専用のHPからデータ消去ソフトを無料でダウンロード可能。消去ソフトは何回ダウンロードしても無料といいますから、複数のパソコンを処分したい場合も便利です。回収料金は基本880円/箱なのですが、リネットジャパンのメールマガジンの購読などを条件に無料となります。

さて、この会社あまり耳馴染みがないかもしれませんが、実は「ハードオフ」を運営している会社と同じなのです。パソコンを送付以降のデータの扱いも安心なのですが、買取はおこなっていない所が残念ではあるのです。

コムショップ

出典:コムショップ

特徴
中古パソコン販売実績No.1の信頼
初期化の手順解説が非常に丁寧、高価買取も期待

パソコンのHDデータを破壊してくれる「引取」業者は数多いのですが、買取ってくれる業者はほぼないという現状。ならば、中古パソコン販売実績No.1の実績を持つ「ユニットコム」ならば安心ではないか……その参加のショップ中でも初期化の手順について非常に親切にHPに掲載している「コムショップ」ならば安心ではないか?ということでご紹介です。

現実問題として、初期化したパソコンのデータをどうやって復旧させるのか?というと、よっぽどのモチベーションが保たれなければ不可能のはず。そして買取ったパソコンの多くが再販されているにもかかわらず、そこからのデータ漏洩などの噂は聞きません。HP上の買取価格見積システムもよくできてます。

SNC

出典:SNC

特徴
官公庁、上場企業、金融機関など、そうそうたる取引実績
米国国防省規定に準拠した方法でHDデータを消去

全てのシリアル番号をチェックした上で、専任スタッフがデータ消去。作業は専用施設にて実施、IDカードを持った作業員のみ侵入可能。ペンタゴン規定準拠のデータ消去ソフト「DataSweeper」を使用、それでも不十分な場合はHDを物理的に破壊と、徹底的に処理してくれるのがSNCの特徴です。

「SNC」は創業以来14年以上たつ老舗、データ管理にうるさそうな法人との取引実績も充分という会社です。サーバや周辺機器の買取も可能なのですが……惜しむらくは法人のみ対象となっている点。顧客データ満載のパソコンを買取ってもらいたいケース、それも大量に。こんな場合に思い出したい会社です。

注意点、それでも不安なら

出典:アマゾン

ソフトウェアに消去、初期化、ペンタゴンレベルでの消去、以上3つの方法を取っているショップを紹介しましたが、それでも不安ならば……本当にデータ流出が嫌ならば、自分の手でHDを破壊するに限ります。ドリルで穴を開ける、ハンマーで殴る、電子レンジでチンする、他にも色いろあるでしょう。物理的に破壊してしまえば、データの復旧は不可能。それも自分の手でおこなえば安心この上ないはずです。

まとめ

出典:コムショップ

いかがでしたか?大事な個人情報が入っているパソコンを、そのまま買取に出すのはやはり危険です。自分でできる処理はできるところまで行い、それでも不安な人は業者に頼むのが賢い方法と言えるでしょう。買取価格が安くなってもいいというのであれば、物理的に破壊するという手もあります。どんな情報が入っているか、どうすれば自分が安心できるのかをよく考えて、ハードディスクの処分をしましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP