ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スーパーフードよりスーパーフルーツが身近で続けやすい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーフードよりスーパーフルーツが身近で続けやすい!<br />

世界には驚くべき栄養価を持ったフルーツがたくさん存在します。すでに流行しているアサイーをはじめ、アンチエイジングや健康効果が高いものばかり。今回は美女たちが夢中になるスーパーフルーツについてご紹介します。

スーパーフードの次はスーパーフルーツ!?

チアシードやスピルリナなど、一般的な食品よりも抗酸化力が高く栄養価が特別豊富な自然食品をスーパーフードと呼び、美容や健康に効果が期待できることから世界中で流行っています。同じように今世界中で注目されているのがスーパーフルーツ。通常のフルーツよりも抗酸化力や栄養価が高く、美容効果や健康効果を期待して摂り入れる人が増えています。実はスーパーフルーツは古くから薬用に使われていたり、滋養強壮で食べられていたりするものが多く、その効果のほどは確かなようです。

抗酸化力がスーパーなフルーツたち

日本でも有名になったスーパーフルーツのひとつがアサイー。ブラジル原産のベリーで抗酸化物質を多く含み、ポリフェノールはココアの4.5倍、カルシウムは牛乳の3倍、鉄分はプルーンの10倍、食物繊維はゴボウの3倍も含まれていて、疲労回復や筋肉増強に役立つアミノ酸のBCAAが含まれているため「奇跡のフルーツ」とも言われます。このアサイーをはるかにしのぐ栄養価を持つのがマキベリー。ポリフェノールがアサイーの5.4倍もあり、その抗酸化力はアサイーの14倍ともいわれています。ビタミンCや鉄分、カリウムも豊富に含まれます。これらのフルーツが持つ強い抗酸化作用によってアンチエイジング効果、免疫力アップ効果、眼精疲労改善や視力改善の効果が期待できるのです。

身近にもあるスーパーフルーツ

カクタスフルーツやシーバックソーン(サジー)、マンゴスチンなど、日本ではまだ手に入りにくいスーパーフルーツもありますが、ビタミンCが非常に豊富で美肌効果や免疫力アップ効果があるカムカムやアセロラなどはジュースやサプリメントでも摂り入れることができます。ゴジベリー(クコの実)は不老長寿の実として漢方でも使われており、疲労回復や視力回復、免疫力アップ、アンチエイジングに効果が期待できます。スーパーでも見かけるキウイフルーツはビタミンC、Eが豊富でダイエットや美肌に効果大。特にゴールドキウイがオススメです。身近なところではりんごがポリフェノールのほかペクチン、ビタミン、カリウム、食物繊維が豊富で「1日1個のりんごで医者いらず」とのことわざがあるほどのスーパーフルーツです。アボカドやトマトも毎日食べたいスーパーフルーツになります。

手に入れることが容易ではないスーパーフードよりもスーパーフルーツのほうがとり入れやすいかもしれませんね。高い抗酸化力によるアンチエイジング効果や免疫力アップの効果が期待できるので、毎日少しずつ取り入れましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP