ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボブ・ディランが無名時代に残した名言

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)。今週は、「ボブ・ディランの言葉を聴く」をテーマにお届けしています。11月21日(月)のオンエアでは、ボブ・ディランの無名時代について紹介しました。

ボブ・ディランは、1941年に米ミネソタ州で生まれました。大学を中退すると、1961年の年の瀬に、アコースティック・ギターを持って、ヒッチハイクでニューヨークへ向かいます。当時、ダウンタウン、グリニッジ・ビレッジ界隈のコーヒーハウスは、フォークシンガー、詩を読む者、コメディアン、パフォーマンス・アーティストなど、あらゆるアーティストたちの発表の場でした。

20歳のボブ・ディランも、そのうちのひとりでした。ディランは、当時のことについて、自伝の中で
「フォークソングとは、歌い継がれてきた路上の歌だ。俺にとってフォークソングとは、世界を探検する方法だ。すべてのフォークソングが、ひとつの絵画、アートだった。俺は、その絵の奥にある大切なものを理解していた」と語ってます。

ディランは、自分で作った歌も歌っていましたが、ウディ・ガスリーなどの先達のシンガーたちが歌ってきた「歌い継がれてきたフォークソング」を、同じように大切に歌っていました。

「他の歌手は、歌ではなく、自分自身を伝えよう、自分を見せようとしている。俺は違う。俺は、“歌そのもの”を伝えたいんだ」(ボブ・ディラン)

22日(火)も引き続き、ボブ・ディランをテーマにお送りします。放送は15時15分頃からです。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分−15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP