ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Contextual App Folder : Androidのフォルダの内容を場所や端末の状態に応じて事前に設定した構成に切り替えるAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android のフォルダの内容を場所や端末の状態などに応じて事前に設定した構成に切り替える新アプリ「Contextual App Folder(C.A.F.)」がベータ版としてリリースされました。Contextual App Folder ではウィジェットとして Android のフォルダを再現しており、アプリの設定メニューで作成した定義に応じてフォルダの内容が変化します。時と場合に応じて必要なアプリやショートカットがフォルダに表示されるということです。条件としては、時間帯、充電中、電話中、地図で指定した場所やエリア、ヘッドホンやドックの装着、Wi-Fi や Bluetooth の ON / OFF をサポートしています。例えば、特定の Bluetooth 機器に接続している間には、Android Auto や音楽アプリがフォルダに表示されるように設定することが可能になります。「Contextual App Folder」(Google Play)

■関連記事
ソフトバンク、「AQUOS Xx3」のピンクカラーを11月25日に発売
ワコム、ペン先1.9mmの極細アクティブスタイラス「Bamboo Omni」を12月2日に発売
上海問屋、細いペン先を備えたアクティブタッチペンを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP