ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グリーン・デイがアメリカン・ミュージック・アワードでパフォーマンスを披露! 楽曲中でトランプを批判【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫
グリーン・デイがアメリカン・ミュージック・アワードでパフォーマンスを披露! 楽曲中でトランプを批判【動画】

グリーン・デイは政治的メッセージ色の強いロックバンドとして有名だ。そんな彼らが、20日に行われた今年のアメリカン・ミュージック・アワードで、ドナルド・トランプ次期大統領を扱き下ろすチャンスを逃すはずはなかった。

Green Day: “No Trump, No KKK, No Fascist USA.” #AMAspic.twitter.com/5teJx7AC9A
– Erick Fernandez (@ErickFernandez) 2016年11月21日

グリーン・デイが自身の曲『Bang Bang』を演奏中、反トランプのメッセージを叫び、観客を沸かせたのだ。

「ノー・トランプ、ノー・KKK、ノー・ファシスト・USA」。曲中でグリーン・デイが連呼するこの歌詞は1982年にリリースされたポリティカルハードコアバンド、M.D.C.の『Born To Die』に登場する歌詞「No war, no KKK, no fascist USA」もじったものだ。

“若き反逆者”のシンボルであり、黒いアイラインで囲まれた瞳が印象的なボーカルを中心とするグリーン・デイは、この日のパフォーマンスでロック史に新たな金字塔を打ち立てたようだ。

この日、反トランプのメッセージを伝えたのはグリーン・デイだけではない。司会を務めたジェイ・ファローとジジ・ハディッドもまた大統領選をネタにトランプ氏とメラニア夫人を皮肉った。フェローはさらに、トランプ氏の唱えた移民政策を持ち出し、パレスチナ系アメリカ人であるDJキャレドに向かって「国外退去になるかも」とからかう場面もあった。

早速、ビデオでグリーン・デイのパフォーマンスを観てみよう。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今読まれてます!
レディオヘッドのトム・ヨークがアメリカ大統領選挙に対して意味深ツイート
ロバート・デ・ニーロがトランプに激怒! 「あいつの顔を殴ってやりたい」罵倒ビデオが制御不能な勢いで拡散中
トランプ氏当選確実で、クリントン支持者がホワイトハウスで「反トランプ」コール
トランプ勝利に賭けて約1億円以上儲けた富豪が話題に

荒ぶる巨大ワシ、暴走老人ドナルド・トランプに怒りの一撃を喰らわす!疑惑の頭が取れちゃうよ!【動画】

■フォトギャラリー
【ギャラリー】お騒がせセレブ マイリー・サイラスのとんでもない衣装29
■フォトギャラリー
【ギャラリー】愛猫&愛犬が写真に写りこんだ瞬間【おもしろフォト集】125

関連記事リンク(外部サイト)

お笑いモンスター・明石家さんまのスゴすぎる「伝説の神対応」まとめ
筋肉少女帯が歌う、ももクロ「労働讃歌」カバーがカッコよすぎて働きたくなる【動画】
復活した浜田と小室「WOW WAR TONIGHT」に社畜が感動の嵐 「歌詞が泣ける」
近鉄バファローズ伝説「金が無いから優勝しないで優勝争い」「試合より飲み優先」
150人を逮捕した警察犬が安楽死に・・・病院に向かう元同僚に警官達が敬礼し見送る

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。