ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマト運輸LINEに公式スタンプ以外送ると塩対応が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 クロネコヤマトのヤマト運輸がLINEスタンプ第2弾を11月15日より配布開始していますが、ほぼ同時期にヤマト運輸LINE公式アカウントの会話AI機能がアップデートされ話題になっています。

【関連:ロフトにヤマトの黒猫グッズ大量登場 クロネコ米「ねこまんま」も!】

 LINEスタンプ第2弾は大人気イラストレーターもじじさんのキャラクター「ねこくん」とヤマト運輸がコラボレーションした全8種類のスタンプ。これをヤマト運輸LINE公式アカウントで使用すると、それぞれのスタンプに応じたゆる~いコメントを返信してくれるという可愛いサプライズつきです。

 この機能について、インターネット上では「ヤマト運輸のスタンプ以外(他のスタンプ)を送ると超塩対応」だと話題に。たしかにヤマト運輸のスタンプを送るとノリノリで返信してくれますが、それ以外のものを送ると途端に「すみませんが文字で入力してください。」と超冷静な返信が返ってきて温度差に思わず吹き出しそうになります。

 さて、そんな会話AI機能がアップされた公式アカウントですが、実はできることも大幅に増えたんです。もともと荷物のお届け予定と不在連絡の通知をしてくれたり、荷物問い合わせサービス説明、送り状発行など多くの便利機能がありましたが、さらにLINEトーク画面内でお届け日時の変更や再発達依頼が可能になり、日時変更の際はボタンタップでの選択も可能になりました。なお、スタンプ第2弾は11月15日から1カ月間のみの配布となるそうです。ほしい方はご注意を。

 近年空前の猫ブームが到来し何かと注目されるヤマト運輸ですが、今後も可愛いLINEスタンプの新作を楽しみにしているファンは多いようですね!

※塩対応:素っ気ない対応という意。

(文:大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

欧文タイプライター風のゲーミングキーボード カチカチ音がはかどりそう
ヤクルトの秘蔵ドリンク『ヤクマン』ドープしてみた
長谷川氏への謝罪要求署名で「取り消し」騒動 騒動から考えるネット署名ルール

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP