ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上海問屋、細いペン先を備えたアクティブタッチペンを発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上海問屋は 11 月 22 日、イラストの作成や文字の書き込みにも使える USB 充電方式の極細アクティブタッチペン「DN-914301」を発売しました。価格は 1,999 円(税込み)です。DN-914301 はバッテリー駆動で静電気が流れる 2.3mm 径のペン先を備えたアクティブタッチペンで、スマートフォンやタブレットのタッチ操作はもちろん、ペン先が比較的細いので文字やイラストを描くのにも適しています。ボディはアルミ素材が使用されており高級があり、外観は普通のボールペン風なので、どんなシーンでも違和感はありません。充電は付属の USB ケーブルで行い、1 時間の充電で 12 時間の連続駆動が可能とされています。カラバリはブラックとレッドの 2 色です。Source : 上海問屋

■関連記事
Android版「Simeji」がv10.9にアップデート、スタンプ自作機能が強化
2017年早々にもAndroid 2.3 GingerbreadでのGoogle Play開発者サービスのサポートが打ち切りに
カシオ、Androidと連携するゴルフスイング用ウェアラブルセンサー「CMT-S10G」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP