ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初めてでもわかるトレカ買取のコツ「WCCF」も売れる!

  • ガジェット通信を≫

この記事にたどり着いた人は、トレーディングカードの処分について考えているのかもしれません。一言で「トレカ」と言っても、色んな種類のゲームがあり、一つのゲームの中にも、ノーマルカードやレアカードなどのランクがあります。ここでは、トレカ買取のコツやオススメの売却方法について、初心者にもわかりやすく解説します。

WCCFって何?

WCCFの正式名称は、WORLD CLUB Champion Football。2002年に全国的にスタートしました。

簡単に言うと、サッカーオンラインゲームで、自分で作ったチームで選手を育成して、全国でWCCFをやっているプレイヤーと戦うというシステムです。

WCCFでは、選手カードを使って自分の好みの選手を使って、自分好みのチームを作ることができます。1回プレイする度に新しいカードが1枚発行され、中には1枚数万円という価値を持つカードも存在します。

トレカ買取にチャレンジ!

4130c1a1b5997d3d1ba8a82851e19771_s

自分がオーナーになって最強チームを作るのに夢中になったWCCF、大好きなプレイヤーの背番号に合わせたシリアルナンバー入りカードを探し求めて…など、トレーディングカードの楽しみ方は人それぞれです。

しかし、同じカードが複数ダブついたり、新たな趣味を見つけて熱が冷めてしまったりすれば、手持ちのトレカを新たな購入資金に変えたり、処分して部屋をスッキリさせたいと考えるようになります。そこで、まずは、トレカ買取の査定を受ける前に、買取初心者に知っておいて欲しいポイントから解説します。

買取前の心構え

76c513597e32292250a265a41a2363bd_s

期待しちゃダメ!

以前にハマって夢中で集めたトレカや、大切に保管してきたトレカアルバム。すっかり熱が冷めて忘れ去られていたとしても、改めて眺めていると、懐かしさや手に入れるまでの苦労が思い出されて、トレカに対する愛着が蘇ってくることでしょう。

「売る」と決意したものの、かつては自分の宝だったトレカは、少しでも価値を高く認めてもらいたいと思うのは当然です。
しかし!

残念ながら、トレカの買取事情はそんなに甘くはありません。甘いどころか、自分では控えめに予想したつもりの価格を遥かに下回り、査定額を聞いた途端に頭が真っ白になるかもしれません。

トレカの買取相場

ネットで「トレカ 買取」と検索すると、多くの買取店がヒットします。ネット販売されているトレカを見てみると数十円~数千円、中には数万円というものまであり、手持ちのカードもそんな価格で売れるのか?と、淡い期待を抱いてしまいます。

ここで質問ですが、保管しているトレカの中でも、最も数多いのは何ですか?

ほとんどの方が、ノーマルカードだと思います。このノーマルカードの買取相場は、なんと100枚で1円。現在、日本国内で流通している通貨の最小単位が1円ですから、もはやノーマルカードが10枚あったとしても、お金の価値は0円。これが現実なんです。

高額買取とは?

「高額」と聞いた時に、人それぞれに想像する価格は違います。売りたい人にとっては1枚10円でも控えめに予想したつもりかもしれません。しかし、現実には100枚で1円。しかも、実は100枚1円でも、トレカ買取店の相場としては良い方だとも言われています。

つまり、買取店が声高に宣伝する「高額買取」の文字に期待すると、後々のショックが大きいかも。

少しでも高く売るなら

03c2cd6bce2b29598c7ddc953577967f_s

とりあえず査定を受けてみる

人気のTCGだからといって、高く買取してもらえるとは限りません。販売された数が多ければ、市場に流通している数も多く、買取店の在庫過多になっている可能性が高いからです。

反対に、人気がないTCGや古いパックやデッキなど、旧世代トレカやアニメ・アイドルなどでも、お店の客層によっては思わぬ高額買取をしてもらえることも多いです。

需要がなさそう、古いからといって諦めず、「とりあえず、いくら位?」と軽い気持ちで、査定だけでも受けてみる価値はあります。

トレカ専門店を選ぶ

ゲームソフトや古本を扱っているリサイクルショップでも、トレカの買取をしているお店があります。しかし、少しでも高く売りたい、価値あるカードを見逃してほしくないと思うなら、トレーディングカード専門のショップに売りましょう。

トレカ専門のショップは、カードに対する知識や情報が豊富なだけでなく、在庫の回転も早いので、在庫を抱えるリスクを最小限に抑えて、高額査定に反映される可能性が高くなります。

手間を惜しまない

査定を受ける前には、出来る限りカードの状態を良くしておくことが大切です。カードの表面に指紋がベッタリついていたり、角折れなどがあれば、減額対象になります。

100枚、1000枚と大量にあれば、1枚ずつチェックするのは大変ですが、レアカード以上だけでもチェックして、拭き取れる程度の汚れであれば、キレイに拭き取って起きましょう。

カードを分類する

スリーブがついたまま・フィルムに入れたままのトレカは、買取できないことがあるので、査定を受ける前に、全てスリーブを外して、ノーマルカードとレア以上のカードは分類して、100枚単位で束ねておきましょう。

スリーブをつけたままだったり、色んな種類のカードを全部まとめて箱に入れて…という状態では、お宝級の稀少カードが紛れ込んでいたとしても、全てノーマルカードと判断されてしまいます。
分類の仕方が良くわからないという場合には、光っているか否かだけでも分けておくようにしてください。

キャンペーン情報をチェックする

買取店のウェブサイトでは、週替り・月替りで買取強化キャンペーンを告知しています。トレカの買取価格は、長く保管しておくほど高くなるというものではないので、少しでも高く売りたいなら、このようなキャンペーンを活用することをオススメします。

買取方法を選択する

this

店頭買取

店頭買取のメリットは、その場で現金が受け取れるという店です。現役のTCGプレイヤーだったら、イベントに参加したり、トレカを購入市に行くついでに買取してもらえるので便利です。

デメリットは、査定まで店内で待つ時間や、近くに店舗がなければ、わざわざ足を運ぶという点です。買取価格数円に対して、ガソリン代やパーキング代がかかれば、トータルして赤字ということも考慮しておきましょう。

ネット買取

業者が自宅まで集荷に来てくれる方法を使えば、自宅からでることなく入金まで完了します。

最近のトレカ買取では主流となっている方法で、ネット買取専門店なら店舗運営にかかるコストをかけないことで、高額査定に反映します。ネット買取については、送料負担や送料無料の条件などが買取店よって異なるので、査定を依頼する前に、しっかり確認して下さい。

個人取引

イベントに参加している人なら、ファン同士の交流でカードを交換することもあるでしょう。ここで「取引」と表記したのは、こうした個人的な交換と「オークション」という選択肢もあるからです。

日本最大のオークションサイト「ヤフオク!」でも、トレカの売買は活発に行われています。

出品~落札~入金までには手間と時間がかかりますが、買取店の価格よりも高値で落札されるケースが多いので、時間と手間をかける余裕がある人は、チャレンジしてみる価値はあります。

まとめ

トレカは、保存状態によってキズ・はがれ・色褪せ・日焼け・折れ・擦れなどが起こります。オークションでは、商品状態に関するトラブル・クレームも多く、返品対応が必要になったり、時には詐欺扱いされる危険性もあります。

高く売りたいからと、あまり良いことばかりアピールせず、商品の状態を正確に記載することが大切です。「美品」に対する価値感は、「高額」と同じように人それぞれです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。