ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

市内アクセスも抜群!クアラルンプール空港の基本情報とおすすめの過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

市内アクセスも抜群!クアラルンプール空港の基本情報とおすすめの過ごし方
Photo credit:MORI SHIZUKU「マレーシア クアラルンプールさくっと2日間で回る」

Photo credit:MORI SHIZUKU「マレーシア クアラルンプールさくっと2日間で回る」

こんにちは。Compathy MagazineのKumiです。
クアラルンプール国際空港(KLIA)は、シンガポールのチャンギ国際空港やバンコクのスワンナプーム空港と肩を並べる、東南アジアのハブ空港。格安航空会社(LCC)の先駆けとして知られるエアアジアの本拠地でもあり、連日多くの旅行者で賑わいを見せます。
日本人も数多く訪れるクアラルンプール国際空港を迷わずにすいすいと歩き、ショッピングや食事などを楽しみつつ快適に過ごせたら嬉しいですよね? 今回は、クアラルンプール国際空港の基本情報と魅力的な施設・サービスについて紹介します。

乗り継ぎの利用者多数! クアラルンプール国際空港とは?

Photo credit:Allen (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit:Allen (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

クアラルンプール国際空港(KLIA)」は、大手航空会社が利用するKLIA1(メインターミナル)と、主に格安航空会社が利用するKLIA2(LCCターミナル)の2つに分かれています。国際旅客数は約3400万人(国際空港評議会(ACI)/2016年調べ)で、連日世界中から多くの人々が訪れています。
日本からも日本航空、全日空、マレーシア航空、エアアジアの4社による直行便が就航し、日本人旅行者も数多く訪れる空港です。ペナン島やランカウイ島などのリゾート、熱帯雨林が広がるコタキナバルなどマレーシア国内の観光地、また東南アジアの各都市への国際便の中継地にもなっており、乗り継ぎ客が多いのも特徴です。
ちなみにKLIA1は日本の建築家・黒川紀章氏が設計を手掛けたことでも知られており、近代的な建物と森林が調和する様子を見ることができます。

クアラルンプール国際空港(KLIA)
住所:Kuala Lumpur International Airport, 64000, KLIA,Sepang, Selangor, Malaysia.
空港コード:KUL
電話番号:0387762000
アクセス:「KLセントラル」駅からKLIAエクスプレスで空港まで約30分
公式サイト:クアラルンプール国際空港(KLIA)

 

クアラルンプール国際空港の地図マップ

 

クアラルンプール国際空港から市内へのアクセス

Photo credit:YURI「11時間のトランジットでクアラルンプールを満喫する!」

Photo credit:YURI「11時間のトランジットでクアラルンプールを満喫する!」

KLIA1とKLIA2、どちらからもクアラルンプール市内中心部へ鉄道とリムジンバスが運行。また、タクシーも頻繁に行き来しています。ここでは、各移動手段の基本情報について紹介します。

鉄道

空港から市内中心部のKLセントラル駅を結ぶ路線には、ノンストップのKLIAエクスプレスと、3駅に止まるKLIAトランジットの2種類があります。

KLIA1からKLセントラル駅まで向かう場合、KLIAエクスプレスの利用で所要時間が28分、KLIAトランジットの利用で33分です。料金はどちらに乗っても一律で片道55マレーシア・リンギット(以下:RM)、往復でRM100です。
KLIA2からKLセントラル駅までは、KLIAエクスプレスで33分、KLIAトランジットで38分となります。料金は片道RM55、往復RM100です。

なお、KLIA2とKLIA1はKLIAトランジットによって結ばれており、2駅間の所要時間は約3分、片道料金はRM2です。KLIA1の鉄道駅は到着メインターミナルビルの地下に、KLIA2の鉄道駅はターミナルに隣接するゲートウエイ@KLIA2の2Fにあります。
KLIAエクスプレスもKLIAトランジットも同じプラットホームに停車しますので、乗り間違えないように注意してください。

リムジンバス

KLIA1、KLIA2、どちらからもKLセントラル駅まで運行するバス(エアロバス、スカイバスなど)があります。乗り場はKLIA1はメインターミナルビル1F、KLIA2はゲートウエイ@KLIA2の1Fにあります。
料金はどちらからも片道RM11(往復RM22)で、所要時間は約1時間です。

クアラルンプール国際空港におけるタクシーの運賃料金について

KLIA1、KLIA2どちらからもタクシーが運行していますが、料金の支払いは事前にチケットを購入するクーポン制です。税関を出た付近にタクシーチケットを扱うカウンターがあるので、そこで目的地(宿泊先のホテル名など)を告げ、料金を支払ってチケットを受け取ります。
そのチケットを持ってタクシー乗り場の係員に渡すと、タクシーを手配してくれます。

タクシーはバジェットタイプ(マレーシア国産車・定員3名)、プレミアムタイプ(ベンツなど外国車・定員4名)、ファミリータイプ(ワゴン車・定員8名)の3種類がありますので、人数や荷物量に合わせて選びましょう。
料金の目安は、KLIA1からKL市内でバジェットが約RM70、プレミアムが約RM90。KLIA2からKL市内でバジェットが約RM75、プレミアム約がRM102となります。所要時間は、約1時間です。

クアラルンプール国際空港の過ごし方とおすすめスポット

Photo credit:MORI SHIZUKU「マレーシア クアラルンプールさくっと2日間で回る」

Photo credit:MORI SHIZUKU「マレーシア クアラルンプールさくっと2日間で回る」

プラザプレミアムラウンジ:シャワーも併設された有料ラウンジ

「プラザプレミアムラウンジ」は、航空会社のインビテーションカードやプライオリティパスを持っている人のほか、有料(2時間RM128)で利用できるラウンジ。215席が用意されたラウンジ内は広く、開放的で明るい雰囲気が魅力です。
ビュッフェコーナーにはホットミール、サラダ、デザートなどがずらりと並び、アルコールの用意も! シャワールームもあるので、深夜・早朝便で旅立つ際にも便利です。またWiFiに接続して調べ物をしたり、窓からは発着する飛行機を眺めるたりすることもできますよ。
離陸前に時間の余裕がある方は、贅沢なラウンジでゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか?

プラザプレミアムラウンジ
所在地:KLIA1サテライトターミナル2Fノースウイング(制限区域内)
※なお、KLIA2にも同様のラウンジが展開しています。
電話番号:0387761538
営業時間:24時間
公式サイト:プラザプレミアムラウンジ

 

カプセル・バイ・コンテナホテル:トランジットにも便利な格安宿泊施設

「カプセル・バイ・コンテナホテル」は、KLIA2のターミナルビル1Fにあるカプセルホテル。スタイリッシュな雰囲気で、シングルサイズのカプセルルームにシャワーとトイレがセットになっています。タオルやシャワージェルなどの生活用品も常備されているほか、無料WiFiなどのサービス面が充実しているのも嬉しいポイントです。

日本発クアラルンプール着のエアアジア便は早朝に到着するので、カプセルホテルで睡眠をとってから市内へ繰り出すというのも選択肢の1つ。早朝の出発や乗り継ぎの際はぜひ利用を検討してみましょう。

カプセル・バイ・コンテナホテル
所在地:KLIA2のターミナルビル1F(制限区域外)
電話番号:0376102020
利用料金:3時間RM45、6時間RM70、12時間RM90
公式サイト:カプセル・バイ・コンテナホテル

 

免税店:ブランド商品を割引価格で

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

KLIA1にもKLIA2にも、いくつかの免税店が展開しています。海外ブランドの化粧品や香水、ファッションアイテム、お酒・たばこなど、幅広い商品を割引価格で購入することができます。
なおKLIA1の国際線の発着ゲートと免免税店が同フロアにあるため、到着時でも入国審査前に免税店に立ち寄ることもできますよ。空港滞在の際に空き時間がある方は、免税店に立ち寄ってみるのも良いでしょう。

免税店
所在地:KLIA1サテライトターミナル1F、コンタクト・ピア国際線・国内線フロア、KLIA2国際線出発フロア2・3F、到着フロア3F(制限区域内)
公式サイト:免税店

 

ジャヤグロッサー:お土産探しや小腹が空いた時に最適なスーパーマーケット

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

「ジャヤグロッサー」は、KLIA2のメインターミナルに隣接する、ゲートウエイ@KLIA内にある高級スーパーマーケットです。広々とした店内では食料品から日用品など、幅広い商品を扱っています。
こちらのお店は早朝から深夜までオープンしているので、ちょっと小腹が空いた時の食料調達にも時間を選ばず利用できます。また食品のなかにはマレーシアのお菓子やお茶などのパッケージも販売されているので、買い忘れたお土産があればちょっと覗いてみるのも良いですね。

ジャヤグロッサー
所在地:ゲートウエイ@KLIA 2F(制限区域外)
電話番号:038787 8301
営業時間:6:00~24:00
公式サイト:ジャヤグロッサー

 

フードガーデン:食事は人気のフードコートで!

Provided by Provided by foursquare-icon-16x16

「フードガーデン」は、KLIA1のメインターミナル2Fにあるフードコート。屋台が集まるマーケットをコンセプトに複数の店舗が集結し、フードコート内は明るくカジュアルな雰囲気です。
フードガーデンでは、ナシゴレン(マレーシア風焼き飯)やロティチャナイ(カレーソースと小麦粉を薄く伸ばして焼いたパンのセット)、チキンライスなどローカルフードが充実しているほか、中国料理やタイ料理、インド料理などバラエティに富んだグルメを味わうことができます。リーズナブルな朝食セットの提供もあるので、早朝に到着する方はこちらの利用もおすすめです。

フードガーデン
所在地:KLIA1メインターミナル2F(制限区域外)
公式サイト:フードガーデン

 

クアラルンプール国際空港で提供されているサービス一覧

Photo credit:Craig (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit:Craig (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

無料WiFi

KLIA1、KLIA2ともに、ほとんどの場所で無料WiFiが使用できます。携帯電話やパソコンのネットワークで「FREE_WIFI@ KLIA」を選び、ブラウザからログインページに入って、「Click to surf」ボタンを選択するだけと接続方法も簡単です。ただし使用時間には3時間の制限があるので注意しましょう。

両替カウンター・ATM

KLIA1にはメインターナミナル1Fなど9ヵ所、KLIA2には8ヵ所の両替所のカウンターが設置されています。日本円からマレーシアリンギットへの両替は、空港到着時に行うのも良いでしょう。
また両替カウンターの近くには、ATMも多く設置されています。基本的にATMは24時間営業なので、どの時間の便の利用でも現金の引き出しができる点が便利ですね。

荷物預かり

KLIA1はメインターミナルの2・3F、KLIA2は2Fパブリックコンコースに荷物の一時預かりカウンターが展開しており、いずれも24時間営業です。料金はスモール(43×31×21cm)がRM19、ミディアム(60×42×25cm)がRM30、ラージ(67×46×31cm)がRM40、エクストラージ(ラージ以上の大さ)がRM51です。こちらはすべて24時間ごとの料金ですが7日以上預ける場合は料金が割引になります。
また、ロッカーはミディアム(40×32×75cm)がRM40、ラージ(55×43×75cm)がRM51となっています。こちらもすべて24時間までで、7日以上預ける場合は割引料金が適応されます。

SIMカード

KLIA1は到着したサテライトターミナルからエアロトレインに乗って到着するコンタクト・ビア(入国審査前)に各キャリアのカウンターが、KLIA2は到着ホールを出たすぐ前にショップがあり、プリペイドSIMカードを購入することができます。
料金プランは購入するSIMカードのキャリアによって異なりますが、500MB~1GB、通話15分付き、有効期間1週間でRM25~30ほどが目安です。なお、購入時にはパスポートが必要なので、事前に用意しておきましょう。

喫煙所

空港内には喫煙所の数は少ないですが、KLIA1ではサテライトターミナルの2Fやコンタクト・ピアに、KLIA2は3Fの出国ホールなどに設置されています。わかりにくい場所に位置しているので、インフォメーションカウンターなどで詳しい行き方や場所について質問してみるのも良いでしょう。

おわりに

クアラルンプール国際空港は、マレーシア国内や東南アジア諸国をはじめ、世界各地に向かう航空便が発着しているハブ空港。クアラルンプール市内中心部へのアクセスも良く、空港滞在中もさまざまな施設やサービスを利用することができるのも魅力です。
皆さんもクアラルンプールを訪れる際は、この記事を参考に、空港での滞在時間も有意義に過ごしてくださいね。

ライター:Kumiko Otsu
Photo by:MORI SHIZUKU「マレーシア クアラルンプールさくっと2日間で回る」

市内アクセスも抜群!クアラルンプール空港の基本情報とおすすめの過ごし方

Compathyでクアラルンプールの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、クアラルンプールを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

クアラルンプールの関連旅行記ブログ

*Yongbo Seo「初めてのマレーシア旅行」

*Horie Kentaro「弾丸!クアラルンプール(マレーシア)」

*Kazunori Inoue「Kuala Lumpurへの旅」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。