ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

滑走路の横で飛行機の離陸を間近に見学! 兵庫・但馬空港で限定ツアー実施中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_8965
兵庫県北部にある但馬空港で、飛行機ファンにはたまらない魅力満載のツアーが実施中だ。2016年11月から開始したところ、早くも申し込みや問い合わせがあるという。来年2月までの限定。
映画『コウノトリ大作戦!』公開を記念した企画で、但馬空港がある豊岡市は、特別天然記念物・コウノトリの保護や野生復帰に取り組んでいることでも知られる。
今回のツアーでは、但馬空港のパトロールカーに乗り、通常は立ち入れないエリアに行き、ガイド付きで見学ができるのがおもしろい。
まず、パトロールカーの車窓から、普段はまず見られない滑走路を間近で見たり、滑走路越しに駐機する飛行機を眺めたりできる。その後、伊丹空港に向かう日本エアコミューターの機体(JAC2322便、サーブ340B)が滑走路から離陸していくのを間近で見て体験できるのは、まさに迫力満点だ。
その後、冬の空港で活躍する除雪車など特殊車両の格納庫内部に入っての見学、対空通信室(いわゆる管制塔)や気象観測室にも入場する。運が良ければ、小型機の飛行見学や滑走路に入ることができることも。もし、空港や飛行機などについてわからないことがあれば、ガイドにたずねると丁寧に答えてくれる。
所要時間は約1時間半。飛行機が好きだと、あっという間に時間が過ぎていくはず。もし、飛行機が欠航した場合は代替メニューでの案内となる。
募集は1組6名まで。1名参加も可。ツアーの参加代は、大人1名平日5,000円、土日祝7,000円(小人1名平日2,500円、土日祝3,500円 ※)。飛行機の利用者はもちろん、車で空港まで来ての参加もできる。ただし、伊丹空港から但馬空港まで航空機利用の場合、参加代が大人1,000円、小人500円割引となる。空港のターミナル内などで利用できるドリンク券付き。参加申込〆切は、実施日の5日前17時。主催は、豊岡観光イノベーション。 ※小人は小学生まで。3歳まで無料だが車両の座席はなし
DSC_8936
DSC_8916
000000012467_PC
DSC_8955
DSC_8894
DSC_8960
1日1組限定!但馬空港まるごと見せちゃいます企画!発売 – 但馬情報特急http://www.tajima.or.jp/modules/tajimanews/index.php?station=10542豊岡観光イノベーションhttps://toyooka-tourism.com/映画『コウノトリ大作戦!』公式サイトhttp://wwws.warnerbros.co.jp/kounotori-daisakusen/ 

【Nicheee!編集部のイチオシ】
・オリラジ中田1回限り「東洋のガラパゴス」生プレゼンにご招待!
・思わず見てしまう機内安全ビデオ ターキッシュ・エアラインズ「6秒の魔術師」とコラボ
・今からクリスマスにカナダへ!? 連休3日間で行けるサプライズ海外デート

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。