体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カメラ付きメガネ「Spectacles」の自動販売機が期間限定でNY五番街に登場!

Spectaclesチャットアプリ「Snapchat」を手がけるSnap Incが、カメラ付きのメガネ「Spectacles」の発売開始したのはつい最近のこと。

店舗で買えるのではなく、「Snapbot」と呼ばれる自動販売機でのみの販売となることもで話題となったが、その自販機がニューヨークに出現した。

・1人2つまで購入可能

場所はニューヨーク・マンハッタンの目抜き通りの五番街で、Apple Storeのすぐ近く。一帯は高級服飾品の店が立ち並ぶNYを代表するスポットだ。

店の外側には、映画ミニオンズのキャラクター、ミニオンを彷彿とさせる大きな看板が掲げられている。

ただし、店といっても店員がいるわけでもなく、自販機があるのみ。Spectaclesは129.95ドル(約1万4000円)で、1人2つまで購入することができる。

Spectacles2・目の前の情景をすぐにシェア!

Spectaclesになじみのない人のために説明すると、Spectaclesは右上にカメラを搭載し、撮影したビデオはSnapchatを介してシェアできるというもの。

左上にあるボタンを押すと撮影が始まり、10秒間撮影できる。撮影データはワイヤレスでスマホのSnapchatに送られるという仕組みだ。

自分の視点でナチュラルに、そしてハンズフリーで撮影できるので、「今目にしているもの」を友達とシェアするのに便利なグッズとなる。

店は12月30日までの期間限定。それまでにニューヨークを訪れる機会がある人は、話しのタネに足を運んでみてはいかが。

Spectacles

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。