ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「三吉彩花」が10代最後を人生観が変わるインドで過ごし、感じたことは“未来より目の前のことを大切にしたい”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7代目なっちゃん、シーブリーズ、TSUBAKIのCMで「あの美少女は誰?」と話題になった、モデル・女優の三吉彩花さん。公式Instagramは62万人のフォロワーを超えるほどの人気で、今若い世代に圧倒的に支持されています。

 

そんな三吉彩花さんのファースト写真集が先日発売されました。撮影場所に選んだのは、なんとインド。

一見、旅のイメージとはかけ離れているように思えますが、実は意外と旅好きなことが判明し、取材をしている中でも驚かされることが多かったです。今回はインドの魅力やエピソード、旅の話について伺ってきました。

三吉彩花ファースト写真集「わたし」絶賛発売中!

「ロストデイズ」「GTO」等のテレビドラマに出演し、「エンジェル・ハート」では連続ドラマで初のヒロインに抜擢され、現在は「メレンゲの気持ち」のMCや、Seventeen専属モデルとして活躍し、10代のカリスマと呼ばれる三吉彩花が今年20歳になった節目として自身初となる写真集「わたし」を10月23日(日)に文藝春秋から発売致しました。
「子供から大人へと近づくこの瞬間を形にしたい」という三吉の思いから、人生観が変わると言われるインドで10代最後の1週間を過ごし、これまで見せたことのない三吉彩花の素顔を収めた写真集となっております。

 

TABIPPO.NET読者の方、抽選で1名様に三吉彩花さんのサイン入り写真集をプレゼント致します。応募はこちらから。

※応募の締め切りは11月30日までとなります。

 

インド人は思ってたよりもピュアだった

三吉彩花さん(@miyoshi.aa)が投稿した写真 – 2016 10月 17 8:05午前 PDT

■写真集の撮影場所にインドを選んだ理由は?

想定外の場所で撮ってみたかったんです。自分からインドを打診した訳ではないのですが、20歳という一つの節目の前に、人生や仕事のことを考え直すきっかけを作りたいと思っていました。そんな時に周りの人から「インドが合うと思うよ」と勧められたこともあり、インドを選びました。

 

■実際にインドに行ってみてどうでしたか?

すごい好きになりました。海外で初めて両親を連れて行きたいと思った場所でした。インドに住んでいる人が、「衛生的にも大丈夫だよ」とアテンドしてくれた屋台に行ったんですが、そこで飲んだチャイがめっちゃ美味しかったです。土で作られたコップにチャイを入れてくれたんですけど、その器が気に入ったので持ち帰って部屋に飾ってます。

 

■インドに行く前の印象は?

先入観を持ちたくなかったのであえて調べずに行きました。イメージ的には人生観が変わるとか、ガンジス河のイメージがありましたが、あまり何も考えずに行きましたね。

 

■インドに行く前と後で印象は変わりましたか?

行く前は不安の要素が大きかったのですが、自分が思っているより、人がすごい優しくてピュアでした。撮影で行ったので、基本的に個人行動をすることはなかったし、ぼったくりの被害もなかったですね。「インド人は怖そう」と先入観を持っている人は多いけど、こっちがオープンで行けば、とても温かく迎えてくれました。

 

ガンジス河は不思議な光景だった

三吉彩花さん(@miyoshi.aa)が投稿した写真 – 2016 10月 18 5:24午前 PDT

■インド人は日本人女性が好きですが、声を掛けられたりしましたか?

色が白いこともあったし、道行く人にめっちゃ見られました。日本でもそんなに経験しないのに、若い男の人たちがずっと目で追ったり、基本みんなに見られましたね。

 

■インドは好き嫌いが分かれる場所ですが、また行きたいですか?

インド全然好きですよ!また行きたいです!すぐにでも!

街の衛生面も思ったほど気になりませんでした。
最初のイメージがマイナス部分が強かったので、その分インド人が優しくてプラスなイメージが持てました。あと、ご飯も3食カレーを覚悟していたんですけど、そんなこともなかったです。だいたいホテルでご飯を食べていたんですが、朝食の時にインド人のシェフの方が、パクチーやトマト、玉ねぎ、チーズなどが入ったオムレツを作ってくれるのが私たちスタッフの毎日の楽しみでした。そこでそのお兄さんともコミュニケーションを取っていました。

 

結構どんな場所でも行きたいタイプなので、次は友達を作りに行きたいです。地元に泊まれるぐらいの深い友好関係を作っていきたいと思うし、お家でご飯とかも食べてみたい。でも生野菜は食べられない程にしときたいですね(笑)
体調を崩した時に海外の病院に行くのが不安だし、変なワクチンとか打たれたら嫌ですね。

 

■インドを他の人にお勧めしたいですか?

人にお勧めしたいし、ぜひ行ってみてほしい。今回は北部と南部に行ったんですが、リゾート地もあれば、「THEインド」という場所もあり、お互いに違う魅力がありました。あまりディープな部分を見られなかったので、次行くとしたら北部と南部をもっと掘り下げてみたいなと思います。

 

■ガンジス河にも行かれてましたが、どうでしたか?

実は足だけガンジス河に浸かったんです。一緒に行っていた撮影チームの人は、別の撮影で行った時に、熱を出したり体調を崩した人がいたそうなんですが、あまり気にせずにふくらはぎくらいまで浸かりました。意外と平気でしたよ。

ガンジス河は不思議な光景でした。沐浴してる子供が学校の休み時間みたいにワイワイはしゃいでいたり、その横ではカラフルなサリーを纏った方がいたり。近くには火葬場もあって焼いているし、朝6時過ぎくらいからすごい不思議な光景を見ました。結構近くで見たんですけど、これが灰になってガンジス河に流れて行くんだなと思いながら見てました。でもみんなあまり悲しいという表情ではなかったですね。

その経験もあり、仕事やプライベートでも、いつ何が起きるか分からないので、未来のことを考えるより、目の前にある仕事やプライベート、自分を大切にしてくれる友達や家族を大切にしたいとインドに行ってから思うようになりました。

 

マレーシアでコモドドラゴンに遭遇

■海外にはよく行きますか?次に訪れたい場所があれば教えてください

仕事でマレーシアやマカオ、ベトナムなどアジアに行くことが多いですね。プライベートだと韓国、中国、ラスベガスとかには行ったことがあります。

アジアはよく行っているので、ヨーロッパとか遠い場所に行ってみたいですね。スイス、チェコ、カナダとか。あとは、いろんな国の秘境巡りがしたいです。それと、死ぬまでに一度はウユニ塩湖に行ってみたいです。

 

■旅のエピソードはありますか?

仕事でマレーシアに行った際、都市部には行かず空港からバスで6時間くらいかかるようなジャングルに行きました。コテージに宿泊したんですが、何か物音がするなと思ったら、ベランダに野生のイノシシがたくさんいたり、大きいネズミがいました。

別の日にはメイクの現場でコモドドラゴンに遭遇しました。野生の鹿もいたり、とにかく驚きました。

 

■旅の楽しみは何ですか?

食とショッピングです。屋台でひたすら食べ尽くしたり、とにかくショッピングやグルメがめっちゃ好きですね。韓国と台湾に撮影で訪れた際は、プライベートでも食べないんじゃないかってくらいの量を食べたりしましたね。
お肉や麺などがっつりしたものが好きなので、韓国ではお肉食べて、かき氷食べて、ジュース飲んで、アイス食べてなど、とにかく食べてました。プライベートでも買い物か、食べ物メインで行くことが多いです。

 

■文化の違いを感じることはありますか?

アメリカはみんなオープンだし、コミュニケーションが取りやすいところは日本と違うなと思いました。海外の人が日本のアニメや日本特有の伝統芸などの文化を好んでくれるのは嬉しく思います。現地の人と話すのが好きなので、よくコミュニケーションを取ったりもしています。

 

最初と最後のページを見比べて欲しい

■今回の写真集で苦労したことはありますか?

比較的写真集を撮る上で苦労したことはあまりなかったのですが、食べ物と飲み物には特に気を付けていました。
あとは、スコールが多くてどしゃぶりの雨が降り続いていることがよくありました。結果的にはいい写真を撮れたので良かったですが、撮影の時は雨が降っていることが多い気がします。

 

■どのページに注目して見て欲しいですか?

全部見て欲しいですが、写真集は時系列になっているので、そこに注目して見て欲しいです。誕生日が近付くにつれて、現地で吸収するものもあったし、顔付きも大人になっていきました。ずっと伸ばしていた髪を切ることもあったので、決断とか決意の表情、最後の方は全部やり切った達成感の表情とかいろんな表情が収められています。顔付きが段々変わっていく過程や、最初と最後のページを見比べて楽しんで欲しいですね。

 

■20歳になる前となった後で、ここが変わったと自分自身で思う部分はありましたか?

そんなにないですけど、お酒が飲めるようになったことですかね。最近は1人でお店に飲みに行くことが多くて、焼き鳥屋さんで日本酒を飲んだりしています。ワイワイした場所が得意ではないので、落ち着いた雰囲気を好みますね。

 

■これから挑戦してみたいこと、やってみたいことはありますか?

やりたいことは本当にたくさんあるけど、近い目標で言えば、来年はドラマや映画などでお芝居している姿を見せたいです。モデルとしてもスキルアップしていきたいので、コレクションだったり、海外の雑誌にも目を向けて意欲的に頑張っていきたいと思います。

 

失敗してもいいから海外に行ったほうがいい

三吉彩花さん(@miyoshi.aa)が投稿した写真 – 2016 10月 19 7:00午前 PDT

■若者の海外離れが続いていますが、旅へ行って欲しいと思いますか?

海外に行かないのはもったいないと思う。是非若いうちに行って欲しい!どんどん失敗してもいいし、海外に興味があるなら行った方がいいと思います。

 

■まだ海外に行ったことのない人にどこの国をお勧めしたいですか?

とりあえずアジアは行きやすいし行った方がいいと思う。でも人によるかな。汚いところが苦手な人はシンガポールとかいいんじゃないですかね?台湾もいいですけど、匂いとかが気になるって人もいると思うし、私は韓国をお勧めしますね。

 

写真集も絶賛発売中!

今回、三吉彩花さんの取材に伺って感じたことは、意外と旅好きで、人一倍好奇心が旺盛な人だということ。一見クールなイメージが強い三吉さんですが、とても感受性が豊かで、社交的という新たな一面も見せて頂きました。

ガンジス河に浸かってみたり、コモドドラゴンに遭遇したりと、旅が好きな人でもあまり経験しないような出来事も体験しています。海外の友達を作って家に遊びに行きたいという願望もあり、海外との壁を感じない人だという印象を持ちました。

 

まだ20歳という若さですが、受け応えもしっかりしていて、自分を飾ることなく、どんな質問に対しても、ありのままに自分の意見を語ってくれました。これからも色んな旅に出て、たくさん刺激を受けて、ますます魅力溢れる女性になって欲しいと思います。

三吉彩花ファースト写真集「わたし」絶賛発売中!

 

抽選で1名様に三吉彩花サイン入り写真集をプレゼント

TABIPPO.NET読者の方、抽選で1名様に三吉彩花さんのサイン入り写真集をプレゼント致します。10代から20代へと変わっていく三吉彩花さんの表情に注目しながら楽しんで見て下さい。

三吉彩花サイン入り写真集の応募フォームはこちらです。

※応募の締め切りは11月30日までとなります。

関連記事リンク(外部サイト)

株式会社ビジョン佐野社長×インスタグラマーDiggy対談「世界の広げ方」
【対談】西内ひろ×大島央照×リーマントラベラー東松/キューバが私たちを「解放」してくれた
【GAKU-MC氏 独占インタビュー第1弾】若者よ、見切り発車な旅に出よう
停電も水不足も頻繁に起こる「キューバ」に私が惹かれる理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。