ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初産だから時間がかかると言われたけれど。もし家に帰っていたら…と思うとぞっとします

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これはわたしが、出産が終わった後に思い返すとゾッとしてしまった経験です。

今2ヶ月になる息子を育てているのですが、初めての妊娠・出産ということもあり、妊娠期間中は出産に備えて体験談や乗り越え方など、色々な本を熟読して勉強していました。

幸い臨月までは何事もなく順調に進み、予定日近くになると前駆陣痛のようなものを感じることが多くなってきました。

毎回間隔をはかっていたのですが、朝になると痛みがなくなっていたり、間隔が1時間や10分とばらばらにきていたことから、本格的な陣痛ではなく「これが前駆陣痛かぁ」と感じながらも日々過ごしていました。

出産予定日の3日前の夕方頃にも、お腹にあの定期的な痛みがきました。

いつものように間隔を図ると、夕方から夜中までは10分おき、かと思いきや15分おきになったりと、今回も今までに何度もあった前駆陣痛だとばかり思いました。

しかし朝方に10分おきに短くなっていて”間隔が大体10分間隔になったら病院に電話する”という本で得た知識があったので、一度病院に電話して症状を伝えました。

すると「夜中に15分おきだったので一度様子を見て、痛みが5分おきになるか、破水か出血をしたら電話をください」と言われてしまったのです。 関連記事:「これはまだ陣痛じゃないはず」…でも夫の判断で病院へ。立ち会い出産はありがとうがいっぱい

あまり睡眠をとっていなかったので少し寝た方がいいと思ったのですが目を瞑っても痛みで目が覚めしまい、気付いたときには間隔が5分前後になっていました。

耐えられない痛みに、すぐに病院に電話し、入院の用意を持って病院にくるよう言われました。

幸い車で5分ほどの距離の病院だったため、急いでタクシーで病院に向かいました。

もう立っているのも苦痛で、今までに体験したこともない痛みに、陣痛の波が来るたびうずくまってしまっていました。

先生に診察台に乗るよう言われ、子宮口の開き具合を見てもらうと、このときまだ2cmしか開いていませんでした。

「初産だから時間がかかると思うし、家も近いから一旦帰って様子を見ましょう」と言われ、この道のりをもう一度味わうのは「絶対に無理!!」と思い、強引にそのまま陣痛室に入れてもらいました。

陣痛室では携帯を見たりする余裕もなく、ただただ2、3分おきにやってくる陣痛に耐えるのみでした。

助産師さんが度々子宮口の開き具合を確認しにきてくれるのですが、陣痛室に入った5分後には5cmに開いていて、次に見にきてくれたときにはもう8cmにまで広がっていて、分娩台に上がることになったのです。

わたし自身も初産だし、産まれるのは夜中か朝方かな?と思っていたので、分娩台に上がるまでのスピードにとても驚きました。

とても安産で元気な赤ちゃんを産むことができ、ホッとしました。

しかしあのとき一旦家に帰っていたら、家で子宮口全開になり産まれてしまっていたんじゃ…と思うとゾッとします。 関連記事:痛みに耐えかねて病院に行ったのに「あなた痛みに弱い方?」と家に帰される。痛いんだってば!

著者:leon

年齢:20代

子どもの年齢:2カ月

2カ月の赤ちゃんを育てている専業主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

泣いても叫んでもいい、赤ちゃんと一緒に出産を乗り切る! そう教えてくれた助産師さん
人生一番の痛み
陣痛の流れ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP