ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DOMINIQUE ANSEL BAKERYのクリスマス限定スイーツが予約スタート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TIME誌で2013年に「最も優れた発明品25」に選ばれたハイブリッドスイーツ「クロナッツ®」を開発したNYのペイストリーショップ「DOMINIQUE ANSEL BAKERY(ドミニクアンセルベーカリー)」。去年、表参道にオープンし、日本のファンも急増中。


チョコレート ブッシュ/ストロベリー ブッシュ


おでん

そんな「DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO(ドミニクアンセルベーカリートウキョウ)」から、3種のクリスマスケーキの予約がスタートしました。フランスのクリスマスケーキの定番「ブッシュ・ド・ノエル」が今年も登場。フランス産の濃厚なチョコレートを使用した「チョコレート ブッシュ」と北海道産ホイップ&国産イチゴのフレッシュな味わいを楽しめる「ストロベリー ブッシュ」の2種類の展開。また、3種のスイーツを一度に味わえる贅沢でユニークなクリスマスケーキ「おでん」が新登場。三角のはんぺんに見立てたのは濃厚なレアチーズケーキ、味の染み込んだ卵に見えるのはキャラメルムースの中に柚子クリームが入ったスイーツ、ちくわを模した部分はマロンのブッシュ・ド・ノエルになっています。


サンタ シュークリーム


シュトーレン

また、季節ごとに姿を変えて登場するオリジナルのシュークリームは、クリスマスにはサンタクロースに変身! 「サンタ シュークリーム」は2段のシュークリームの中に、香り高いピスタチオのガナッシュがたっぷり。ミックスベリージャムの爽やかな甘酸っぱさとの相性抜群です。クリスマスを楽しみに待つアドベントの間に食べることで知られるドイツの伝統菓子「シュトーレン」は、クリスマスまでの日にちをカウントダウンしながら少しずつスライスして食べていくことで、生地には洋酒に漬け込んだドライフルーツやナッツの風味が移り美味しさも増していきます。クリスマスメニューは12月20日(火)~25日(日)の限定発売なので、お見逃しなく。


ホットチョコレート


チュロ デュオ

現在お店では、ホットスイーツメニューが発売中。「ホットチョコレート」は、フランス産のチョコレートを使用した濃厚でビターなホットチョコレートの上にマシュマロの花が咲く心温まるドリンク。定番のホワイトフラワーに加え、ラズベリーピューレを取り入れた紫色の花、ひまわりをイメージした黄色の花、ガナッシュの周りに結晶のようなザラメを施した赤と白のコントラストが印象的な花の3種類が新たに追加されました。スペインの伝統的なお菓子チュロスが3Dになった「チュロ デュオ」は、直線にすると1m以上の長さになる大満足のボリューム。白ごまと黒ごまの2種類のフレーバーを同時に楽しめ、ソルトキャラメルソースをつけてさらに味を変えることも可能です。


ガレット・デ・ロワ

新年を祝うフランス伝統の“王様のお菓子”「ガレット・デ・ロワ」は、1月1日(月)から1月9日(月)に限定発売。新年に家族や友人と分け合って食べる習慣があり、ケーキを切り分け中に隠れている“フェーヴ”と呼ばれる当たりを引き当てた人は、その年に良いことがあると言われています。ドミニクアンセルベーカリーでは、この“フェーヴ”としてアーモンドの粒を隠しています。勝者用の王冠もセットになっているので、お正月に欠かせないゲーム感覚のペイストリーを楽しめます。

続々登場するDOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYOのホリデーシーズン限定のスイーツに注目して。

 

DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO

クリスマスメニュー
発売日:2016年12月20日(火)~25日(日)予約開始中 ブッシュ・ド・ノエル チョコレート ブッシュ4,000円、ストロベリー ブッシュ4,400円
おでん (大)3,800円、(小)550円
サンタ シュークリーム680円
シュトーレン1,980円

ホットスイーツ メニュー
発売日:発売中
ホットチョコレート800円
チュロ デュオ900円

ニューイヤー・ペイストリー
発売日:2017年1月1日(日)~1月9日(月)予約開始中
ガレット・デ・ロワ (13cm)2,000円、(18cm)3,000円

住所:東京都渋谷区神宮前5-7-14
営業時間:10:00~19:00
定休日:なし
電話番号:03-3486-1329

DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO
http://www.dominiqueanseljapan.com/

出典:She magizine

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP