ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48、ぱるるラストセンター曲でオリコンシングル33作目首位&28作ミリオン達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48の最新シングル「ハイテンション」(キングレコード/11月16日発売)が、今週発表の最新11月28日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11月14日~11月20日)で初登場1位を獲得。発売初週売上枚数は118.0万枚で、前作「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」(今年8月発売:累積121.2万枚)の初週117.8万枚を上回った。

AKB48のシングル1位獲得作品数は「RIVER」(2009年10月発売)から33作連続、通算33作目で、同グループが持つ「⼥性アーティストによるシングル連続1位獲得作品数」と「⼥性グループによるシングル通算1位獲得作品数」の歴代最高記録をともに更新している。

さらにAKB48は、全アーティスト歴代1位を誇る「シングルミリオン達成作品数」も通算28作目、「同・連続達成作品数」も「桜の木になろう」(2011年2月発売)から27作連続にそれぞれ更新。なお今作は、店着日にあたる11月15日付のデイリーシングルランキング時点で112.0万枚を記録しており、前⼈未到となる通算14作目の「初日ミリオン」も達成した。

AKB48にとってメジャー46作目のシングル(配信限定含む)となる今作表題曲のセンターポジションを務めたのは、年内でのグループ卒業が決まっている“ぱるる”こと島崎遥香。2014年の流⾏語⼤賞候補にもなった「塩対応」で、世間に浸透した自⾝のイメージとは真逆の“ハイテンション”ぶりで上記歴代記録の更新をけん引し、⾒事卒業への花道を飾った。

関連リンク

■AKB48公式サイトhttp://www.akb48.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP