ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、2017年秋にもWindows 10にARM上でx86をエミュレーションできる新機能導入へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2017 年秋にリリースされる予定の Windows 10 のアップデート版に、ARM64 アーキテクチャー上で x86 をエミュレーションする新機能が追加されるという噂が伝えられています。つまり、Snapdragon 820 などの 64bit 対応 ARM プロセッサが Intel プロセッサのように振る舞うことを可能にするということです。これは、Continuum におけるデスクトップ PC としての利便性を向上するために追加されると説明されています。ARM プロセッサが主流の Windows 10 スマートフォンで x86 向けに作成されたソフトは実行できません。特に、HP Elite X3 や Lumia 950 などのハイエンドモデルでは Continuum でスマートフォンをデスクトップ PC として利用しますが、現状では x86 向けが多い Windows ソフトを実行できないことから、x86 環境を仮想的に再現できるようにしてこの問題を対処しようということです。Source : ZDNet

■関連記事
Moto Z / Z ForceはAndroid 7.0アップデートでDaydreamに正式対応
4K対応のChromecast Ultraが国内で発売開始
Android版「Spotify」のUIがリニューアル、タブ型を採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP