体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫のおやつ作りに先制パンチ?!

前回からスタートしたコラム。
幸先よく、ビジネスコンテストでの優勝を報告したばかりですが、人生楽ありゃ苦もあるさ・・・と黄門様もおっしゃるように、11月に入り、すぐにやってきました、猫のおやつ作りの障壁が!!
がーん

(がーーーんの図)

すごく良いことの後に、こんなにもすぐに困難がやってくるなんて、プラスとマイナスのサイクル早すぎです。

さて、その障壁は私が町の地域おこし協力隊に赴任した初日にやってきました。
11月1日。着任日に、町長はじめ町内の主要な方々にご挨拶回りをします。
まずは町長から激励の言葉を賜り、
「はい!頑張ります!!!」と鼻息も荒く一日をスタート。

ルンルン気分で、次のご挨拶先へ向かうと・・・
かなり強面の、しかもかなーり不機嫌な、おんちゃん(おじちゃん)登場。

そして、頂戴した痛烈な一言が
「猫の仕事をしようなんて奴は、おまえか。そんな奴は出てってもらうぞ!!」

「・・・・・・・・・・・・・」(怖くて固まる)

以下、猫の事業に対するお叱りを止まることなくいただいたので、全部は忘れてしまったが、

・猫を保護してこの町に連れてくるなんて絶対に許せん
・猫を増やして猫島にするなんてありえない
・野良猫に餌を与えるなんてことはさせない
・猫に家を荒らされ、大切にしていた金魚が食べられた
・猫が畑の作物をだめにする
・猫が漁師の網を荒らす
・猫が勝手に家に入ってくる
・猫の糞尿がくさい
・猫をこの町の住民は嫌ってる
・猫の町なんてものをやるなら出てってもらう
というようなことと、

そのほか、
・なんでこんなやつを地域おこし協力隊なんかにしたのか、町長にもいわないといけいないとみんなで話している
・よそから来たもんは、実際にその害にあってないから、猫を保護するなんて勝手なことが言えるんだ
・モンキードッグも共生とか何とか言って、結局、中途半端に終わって何にもならんやった
・猫を増やすようなことしたら村八分やぞ

で、私はというと、
「・・・・・・・・・・・」
「?????」(え?え?モンキードッグでなんだ????犬の背中にサルが乗ってイメージ??)
「!?!?」(おおおお!村八分という言葉を歴史の教科書以外で聞くとは!!!)

なんてことも頭をよぎりつつ、

いや、とてもまじめにその言葉を受け止めさせていただきました。
そしてここはひとまず色々誤解を解かなければと、ドキドキしながらゆっくり説明をさせてもらいました。

私の考える事業は、保護して猫島を作ることでもなく、野良猫におやつを与えるものもでもないこと。
猫のおやつを作って販売をする事業であること。
「保護活動に寄付」するというのは、あくまでも、譲渡活動を行う団体さんや、避妊・去勢手術を行う団体さんに寄付するということ。
地域猫を作ることは、これ以上野良猫をむやみに増やさない取り組みであること。

などをお伝えしました。

すると、おんちゃんの表情はみるみる柔らかくなり、
「それに、猫のおやつ作りを通して、この町に人を呼びたいんです」
の一言で、
「それやったら、ええ!」

と、にっこり笑ってくれたのです。
さらに、
「そんな話やったら、ちゃんとみんなにそういう説明をしないと。
反対してる人がたくさんおるで、わしからも言うておくき。」

と、理解を示してくださいました。
凹み

(凹んでる図)

が、私は、この一発目のパンチで、かなり凹むこととなりました。
このおんちゃんは、男らしくさっぱりしていて、理解し、説明する機会をくれたけど、「猫のおやつ」「猫の事業」「猫の保護」に対する誤解がみんなに広まっていることをどうやって説明していくか。
おんちゃんのように、すぐに笑顔になってくれる人ならいいが、最初の印象がもうすでに悪いようなので、話も聞いてもらえないのではないか。
とか。
そして何より、
この町を元気にしたい!という思いが、私の独りよがりであったことと、猫の被害にあってる方の気持ちをないがしろにしていたことへの反省と、猫がこんなにも嫌われていることのショックと。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。