ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アレルギーに関係ある“ヒスタミン”の多い食品とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツラい花粉症などのアレルギー症状のひとつは、“ヒスタミン”の過剰分泌によるものです。ヒスタミンは免疫機能に係わる物質で、アレルゲンが体内に侵入した場合などに分泌され、それがサインとなって免疫機能が働く重要な役割を担っています。ただし、ヒスタミンが過剰に分泌されるとそれが悪い方向に働き、ひどいアレルギー症状が出てしまったりするのです。ヒスチジンという成分が細菌によってヒスタミンに変化します。ヒスタミンの多い食べ物を食べることで、かゆみが起こったり、アレルギー症状がひどくなったりしてしまいます。

“ヒスタミン”の多い食品は?

アレルギー症状を薬で抑えていても、何かを食べると痒くなっちゃうという方もいるのではないでしょうか? それはもしかしたら、ヒスタミンの多い食品を食べてしまったからかも知れません。

【ヒスタミンの多い食品】

・カツオ、マグロ、アジ、ブリ、サンマ、イワシなど赤身の魚
・大豆製品(豆腐、高野豆腐、湯葉など)、鶏肉、豚肉
・ほうれん草、サトイモ、茄子、タケノコ、トマトなど

意外にもヒスタミンが多く含まれている野菜もあるのですね。この他にもチョコレート、ココア、コーヒーなどもヒスタミンの多い食品です。カツオやマグロを食べて、皮膚がかゆくなってしまったなどということもあるかもしれません。これは、ヒスタミンによるアレルギーが起きたと考えられます。

“ヒスタミン”の少ない食品は?

それでは、逆にヒスタミンの少ない食品にはどんなものがあるのでしょうか?

・ブロッコリー、小松菜、キャベツなど
・イチゴ、レモン、オレンジ、ブルーベリー、ブドウなど
・ヨーグルト、納豆、キノコ、海藻類
・緑茶、紅茶、甜茶、グァバ茶

これらの食品は、花粉症にいいと言われている食品でもあることが分かると思います。花粉症やアレルギーの方は、できるだけヒスタミンの多い食品を避け、少ない食品を食べるようにすると、症状が軽減されていきます。

ヒスタミンには、ダイエットを助ける効果もあると言われていますが、ヒスタミンそのものを摂っても脳には届かず効果がありません。ヒスタミンの材料となるヒスチジンを摂ることで酵素によって体内でヒスタミンが生成されます。ヒスチジンを多く含む食品は、タンパク質が多い食品が中心となりますが、これらの食品は、モルガン細菌などの細菌が付着するとヒスタミンに変換され、アレルギーの原因になってしまうので注意が必要なのです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP