ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

涼しくなっても油断大敵!一年中気をつけたい「UV-A」の正体とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


真夏は誰しも気にする紫外線。涼しくなってきたし、日差しも弱くなってきたから大丈夫!と気を抜いてはいませんか?紫外線は目に見えないけれど年中気をつける必要があるもの。今回は特に意識したいUV-Aについて考えていきたいと思います。

紫外線には種類がある?

UVケアと聞くと、皆さんはどんなイメージを持つでしょうか?とりあえずUVケアができるアイテムをベースメイクに入れて見たり、日傘をさしたり。

いろんなガード方法があると思いますが、紫外線には種類があります。それぞれにあった対策とは、一体なんでしょうか?主な紫外線を見ていきましょう。

1、紫外線A波(UV-A)
2、紫外線B波(UV-B)
3、紫外線C波(UV-C)

というように3つに分けられます。とは言っても、UV-Cはとても短いため、地上までは届きません。

つまり私たちに関係してくるのは、UV-AとUV-B。この違いについてもう少し詳しく見ていきたいと思います!

一年中ある生活紫外線は「UV-A」

涼しくなっても気をつけたいのが、上記の2つのうちUV-Aの方。生活紫外線とも呼ばれていますが、普段の生活に密着した紫外線だからです。

UV-Bはレジャー紫外線なので、一年を通してみるとやはり夏が一番多め。一方UV-Aは秋から冬にかけても弱まりが低く、目に見えないからと言って油断はできません。

そこで、涼しくなって来てからの紫外線対策のオススメは、デイリースキンケアとメイクにUV-Aを防止するPAを取り入れること。筆者自身はスキンケアの中で使用する乳液にPA、そして化粧下地とファンデーションにもPAを含んだものにしています。

真夏ほど日焼け止めをワンクッション挟むほどではないですが、日頃のケアに含まれているというだけで手間も省けて◎。

終わりに

これからのシーズンはデイリーの中に、紫外線ケアを取り入れるのがポイントになりそう。頑張らないケアを心がけて見てくださいね!

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

腎臓が活性化するツボをギューッ♡いつでもどこでもデトックス
【紅たき占星】生年月日で占う、この冬のラッキー恋♡アイテム
ヒールを履いた日の夜に!足裏の痛み&脚のむくみを改善するフットケア4つ
「なんとなく」は終了!年齢と向き合ったスキンケアのポイント2つ
NOが言えない私にサヨナラ!興味のない男からのナイスなお断りテク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP