体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!7選〜アメリカ編〜

異国にいくときには必ずといって良いほどまず最初に手にするガイドブック。「外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!5選~フランス編~」でも紹介した通り、そこにはその国ならではの観点から日本での注意事項やルールなどが書かれています。そんな私たち日本人からすると「当たり前」だけど外国人からすると「斬新」だった7つのことを、今回はアメリカのガイドブックからご紹介します。

両手を使おう

外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!7選〜アメリカ編〜
名刺を渡すとき、プレゼントを受け取るとき、目上の人と握手をするとき、そんなときに日本人は両手を差し出して敬意を示します。だけどこれは、アメリカ人にはあまり根付いていない文化のひとつ。どんな相手であろうが「常に対等でいること」が大切なことだと考える彼らにとっては、「両手」で敬意を示すといったことは理解の領域を越したものなんだそうです。そう思うと、「両手」を使うという行為は、言葉よりも姿勢で語るといわれる日本人の特徴をよく表している習慣ですね。

値引きはあまりしない

外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!7選〜アメリカ編〜
個人商店や市場ではサービスなどをしてくれることはあったとしても、タクシーの交渉や大型店での「ちょっとまけて!」に対応することは日本ではとっても珍しいこと。それが海外、とくにアジアでは値引きが普通だと考える旅行者に向けて、日本は「例外」だという記載がありました。ときに「値引き」を「ぼったくられないための処世術」として考えるたくましい旅行者もいますが、日本で提示されているほとんどの価格はすでに「適正価格」。安心して旅が出来るという利点もありますが、バーゲンに慣れている人たちからすると少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんね。

音出しOK!

外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!7選〜アメリカ編〜
ラーメンやそば、うどんといった麺類をこよなく愛すのは日本人だけではありません。外国にも、熱狂的ともいえるラーメンラバーズ、そばラバーズが存在します。ただひとつ、みんな共通して最初は「ある壁」にぶつかるそうです。それは「音」を出して食べること。普通アメリカでは食事のときのマナーとして「音を出さない」というのは最重要項目とされているため、どうしても躊躇してしまうんだとか。そのためガイドブックには「麺類は音を出して食べても大丈夫」という記載があります。

とはいっても、「日本人がギョッとする、ニューヨーカーの不思議なラーメンの食べ方」でご紹介したように、日本人からみるとアメリカ人のラーメンの食べ方にも違和感を感じますよね(笑)。

■あわせて読みたい

外国人向けの日本ガイドブック、ここが不思議!面白い!5選~フランス編~
母国と違う! 外国人旅行者が日本のコンビニで驚いたこと
母国と違う!アメリカ人が日本でヒッチハイクして感動したこと5選
外国人夫が不思議がる日本人妻の言動~わざわざブサイクになるのはなぜ?~

チップをあげなくても大丈夫

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会