ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライオンズゲートによる映画『Robin Hood(原題)』、2018年春に公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライオンズゲートが、タロン・エジャトン主演の映画『Robin Hood(原題)』を、2018年3月23日に米劇場公開することを決定した。

同作でエジャトンは、リトル・ジョン役のジェイミー・フォックス、メイドのマリアン役のイヴ・ヒューソンと共演する。また、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に出演したジェイミー・ドーナンは、ロビン・フッドの腹違いの兄弟であるウィル・スカーレットを演じる。

同作は、ジョビー・ハロルドによる脚本をもとに、オットー・バサーストが監督を務める。プロデューサー陣には、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、ベイジル・イヴァニク、トーリー・タネル、ジョビー・ハロルドが名を連ねる。

製作会社は、ディカプリオ率いるアピアン・ウェイ、セーフハウス・ピクチャーズ、そして、イヴァニク率いるサンダー・ロード・ピクチャーズだ。

同作のストーリーは、戦争で鍛えられた十字軍兵士で、腐敗したイギリス王制に対して大胆にも反乱を起こすムーア人の指揮官と手を組む主人公のロビン・フッドを中心ンに展開する。

過去1世紀の間に、いくつもの『ロビン・フッド』映画が製作されてきた。リドリー・スコットが監督を務め、ラッセル・クロウとケイト・ブランシェットが出演し2010年に公開された米ユニバーサル・ピクチャーズによる最近の映画作品は、全世界で3億2100万ドルを稼ぎ出した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP