ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドローンを活用したオンデマンド型空中浮遊ライト「Fleetlights」がイギリスで試作中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暗い夜道の通行は、少なからず危険が潜んでおり、不安がつきまとうもの。

街灯がまばらな郊外はもちろん、比較的交通量の多い都心でも、死角となるエリアがいたるところに存在するため、油断は禁物だ。

そこで、英保険会社ダイレクトライン(Direct Line)は、ドローンを活用したオンデマンド型の空中浮遊ライトシステム「Fleetlights(フリートライツ)」を試作し、イングランド南部のペットワース(Petworth)で実証テストを行った。

・上空から高出力ライトが夜道をエスコート

「Fleetlights」は、ユーザーがスマホアプリで呼び出すと、軽量で高出力なライトを搭載したドローンがユーザーの現在地もしくは指定場所に現れ、ユーザーの動きに合わせて、上空から道を照らし、“エスコート”する仕組みだ。

ユーザーは、スマホアプリを介して、「Fleetlights」を制御することが可能。

たとえば、自宅などの目的地に到着したら、ユーザーは、スマホアプリを操作し、「Fleetlights」を解放する流れとなっている。

・テクノロジーの活用によって保険会社の役割が広がる?

ダイレクトラインによると、「Fleetlights」は、あくまでも実験的な取り組みであり、実用化は、現時点では予定していないとのこと。

いずれにせよ、「Fleetlights」は、テクノロジーの活用によって、“損害が発生したら、賠償する”という従来の役割にとどまらず、“事件や事故など、損害が発生するのを未然に防ぐ”という役割をも、保険会社が担いうることを示す先進的な試みといえよう。

Fleetlights

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP