ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大谷vs松山vs錦織 一番稼げない競技を選んだのは大谷

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大谷翔平、松山英樹、錦織圭の3人が世界レベルの輝きを放っているのは間違いない──。松山と錦織はすでに世界ランク1桁を指定席にし、日本ハムを日本一に導いた大谷も“世界”を着実に視野に入れている。

「来オフにはポスティングシステムを使ってメジャー移籍すると見られ、複数の球団が調査に動いている。先日の侍ジャパンの強化試合での特大本塁打を見て、MLBでも二刀流での獲得を目指すチームが出てくると見られます」(担当記者)

 3人はキャリアのなかで年俸・獲得賞金を順調に伸ばしてきた。大谷は2013年、ドラフト1位で日本ハムに入団。年俸は1500万円(3勝、3本塁打)を皮切りに3000万円(11勝、10本塁打)、1億円(15勝、5本塁打)と倍々ゲームで急上昇。

「4年目の今季は2億円で、来季は4億円超え確実とされています」(同前)

 松山は今年9月までの米ツアー参戦3年目に獲得賞金419万ドル(約4億5600万円)と自己最高を記録。さらに10月半ばの日本オープン以降、海外大会を含め4戦3勝の成績で「1か月で賞金3億3000万円を稼いだ」と話題になった。

 一方、テニスの世界ランキング5位につけている錦織は、今年の獲得賞金が396万ドル(約4億3100万円、11月14日時点)。

 3人の“稼ぎ”は拮抗しているように見える。だが、米誌『フォーブス』が6月に発表した世界アスリート長者番付では、日本人最高は錦織の29位、その額は3350万ドル(約36億円)にのぼる。松山と大谷はランク外だ。

「錦織は日清食品やユニクロ、アディダスなど15社と契約を結び、賞金以外のそうしたスポンサー料が3000万ドル(約32億円)あると『フォーブス』は報じた。ユニクロとの契約内容は公表されていませんが、毎月1億、年間12億円ともいわれ、ラケットのウィルソンとは生涯契約というのが定説です」(代理店関係者)

 このあたりの稼ぎの差には競技の特性が出る。

『フォーブス』の長者番付では世界ナンバー1はサッカーのクリスチアーノ・ロナウドで年収8800万ドル(約95億円)。テニス選手の最高位は4位フェデラーの6780万ドル(約73億円)、ゴルフでは8位ミケルソンの5290万ドル(約57億円)となる。

 一方、MLBの野球選手は現役最強左腕の呼び声高いドジャースのC・カーショーの33位(3200万ドル=約34億円)が最高。

 プロスポーツ契約に詳しい代理店関係者は「ゴルフやテニスは賞金の10~20倍のスポンサー契約料が加算される一方、野球選手はウェアや帽子などのロゴで個人契約が結べないから年俸は高くても上位に来ない」と解説する。

 3人のなかで大谷が一番“稼げないスポーツ”を選んだということだ。

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
【日韓比較・経済編】名目GDP、国際特許出願件数、対外投資
最もホームラン出やすい球場は東京D、出にくいのはナゴヤ
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP