ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

武田勝 メッタ打ちされて見つけた「最高の2番手」という道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「俺のために優勝しろ」──今年、日本シリーズを制した日本ハムの選手たちに、こうハッパをかけたのは引退を表明していた“遅咲きのエース”だった。

 武田勝(38)は2006年、27歳で社会人野球のシダックスからドラフト4位で日本ハムに入団すると、抜群の制球力ですぐさま主力投手に。ダルビッシュ有との二枚看板は他球団の脅威となり、ダルビッシュのメジャー移籍後は開幕投手を務めるなどエースとしてチームを牽引した。しかし本人は、「ダルと並べて語らないでほしい」と謙遜する。

「僕はずっと“2番手の選手”でしたし、それで良いと思っています。社会人時代はシダックスで野間口(貴彦)、プロ入り後はダルビッシュ、大谷(翔平)と偉大な投手の陰でひっそりと勝ち星を稼ぐのが性に合っていた。球速もなく制球力で勝負する僕は、周りのサポートがあったからこそ勝てた。僕の場合、“勝てたら味方のおかげ”で、“負けたら自分のせい”なんです」

 だからプロ生活11年で、記憶に残っているのも負け試合ばかりだという。

「チームの勝ちを消したという思いもあって、大きな試合ほど負けたら忘れられない。特に2007年の中日と戦った日本シリーズがそう。第3戦に先発した僕は初回、ウッズのタイムリーを皮切りに連打を浴びて5失点。一回ももたずに降板しました。ストライク、アウトを欲しがって焦るばかりで、修正が利かなかった。当時プロ入り2年目で、自分の力量を見誤っていたのです」

 結果的にこの年は日本一を中日に譲った。だが、この負けをきっかけとして「最高の2番手になる」と割り切ることができたという。粘り強い投球術で、2009年から左腕では球団史上初となる4年連続二桁勝利をあげた。

 今後は独立リーグでフロントとコーチの“二刀流”を目指すが、「指導者としての理想はシダックス時代の恩師、野村克也監督のような“気づかせ屋”です」と言う。

「本当はダルや大谷のように160km投げたいですよ。でも、それができないならどうするか? 僕はコントロールとキレを磨くしかないと社会人時代に考え、オーバースローからサイドスローに転向しました。そういう“気づき”を与えられれば、悩んでいる選手も前を向いて頑張ることができる。

 たとえば後輩の斎藤佑樹は一軍で活躍できず難しい状況にいますが、僕から見ればフォームなど細かい点ばかり考えていて、大事なことを見失っているように思う。まずは技術よりも“今自分は気持ちよく投げられているのか?”というところが大事。そこに気づけば、プロで生き残るために何をすべきかが見えてくると思うんです」

 一番になれなかったから、諦めたからこそ掴めた栄光もある。

【プロフィール】たけだ・まさる/1978年愛知県生まれ。2006年、シダックスからドラフト4位で日本ハムに入団。日ハム一筋11年、左のエースとしてチームを牽引。通算成績は244試合に登板、82勝61敗1セーブ、防御率3.02。

撮影■久保田洋

※週刊ポスト2016年12月2日号

【関連記事】
レジャー系株主優待 オリエンタルランドはTDRパス2回もらえる
紗栄子「家で笑っていられなくなる」と芸能活動復帰を宣言
大谷翔平 オフ返上で肉体改造に着手し体重100kgに増量計画

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP