ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分だけのパフェをカスタマイズ!「かぐらちゃか」でわがままトッピングしてきた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、monaです!あなたは普段お店でパフェを注文して食べるとき、ちょっとした不満がありませんか? 例えば、あまり好きではないトッピングが入ってしまっていたり、好きでもうちょっと多く入っていてほしいトッピングがあったり……。自分の好きなトッピングだけが入っている、そんなパフェがあればいいのにな、そんなのあるわけないか…… いいえ、実はあるのです!!そこで今回は、自分でパフェをカスタマイズできるという、夢のようなパフェがあるカフェ、「かぐらちゃか」をご紹介します!

かぐらちゃか、待望の再オープン!

「かぐらちゃか」は、神楽坂駅から徒歩5分、飯田橋駅から徒歩5分、牛込神楽坂駅から徒歩2分の場所に位置しています。こちらのお店は、自分でカスタマイズできるパフェをはじめとして抹茶スイーツを売っていましたが、2016年2月29日に閉店。一時閉店とのことでしたが、次に再オープンするのはいつになるのかわからない状態でした。そんな中、2016年10月11日、ついに再オープンしたのです! かねてから大人気だったカスタマイズのパフェも復活しました。

さっそく、カスタマイズパフェをオーダー!

まずお店に入り、こちらのオーダーシートに記入します。サイズを選び、トッピングを選びます。今回私はMサイズを選びました。サイズごとに乗せられるトッピングの種類やジェラートの種類が決まっています。

ちなみにSサイズは870円、Mサイズは1,080円、Lサイズは1,290円で、トッピングはそれぞれ6種、8種、10種まで選ぶことができます。テイクアウトも可能で、こちらは680円、トッピングは5種まで選ぶことができます。

書き終わったら店員さんにこちらのシートを手渡し、パフェを作っていただきます。目の前で、自分だけのオリジナルパフェを作ってくれるのです! ちなみに、パフェをつくる際、ちょっとしたコツがあります。店員さんによると、見栄えの良い、パフェらしい高さのあるパフェにするためには、オーダーシートの上部にあるようなゼリー・プリン類を入れるようにするとよいのだとか。ゼリー・プリン類を入れるとこんな感じになります。

うん、パフェらしいフォルムです! 先ほどのオーダーシートの右側のシートの注文が、こちらの写真の左側のパフェです。抹茶の渋みとミルクの優しい甘さが程よくマッチしていて、つぶあんやマロンペーストとの相性も抜群です。ミルクプリンやミルクジェラート、生クリームなどの甘めのものを選んだため、抹茶が渋すぎるのが苦手という方にはピッタリの味です。

もう一方のパフェは、ガトーショコラジェラートのチョコの甘さと苦さがとてもおいしかったです。チョコプリンも想像していたよりもしっかりチョコの味がしました。わらび餅のもちもちした食感も楽しめます。そして、意外とつぶあんとチョコの相性が良いのです! チョコも抹茶も大好き、という方にピッタリの味です。

ちなみにこちらのパフェの上にトッピングされているあられは、オーダーシートの下にある「あられ」のチェックボックスにチェックすれば、無料でトッピングしてくれます。

 店内は木目調の柱がシックな和モダンな雰囲気。2階と3階の席が選べて、2階は一般的なカフェのようなテーブルと椅子の席、3階は掘りごたつの席になっています。和パフェを食べながら和の雰囲気を楽しみたい方は、3階の掘りごたつの席をオススメします。 

いかがでしたか? 自分の、自分による、自分のためのオリジナルパフェ。あなたもぜひ、「かぐらちゃか」で自分好みのパフェをつくって味わってみてくださいね!

かぐらちゃか

ワクワク感

今回取材をしようと思った時、一番惹かれたのが「パフェを自分好みにカスタマイズできる」ということでした。実際に行って体験してみて、本当にその通りだなと思いました。自分の食べたいパフェを考えて、作っていただいて、それを味わう、そのひと時がとても価値あるものだと感じました。

関連記事リンク(外部サイト)

アートが109個も潜む街「ファーレ立川」で、突っ込みながら楽しむ街歩き美術鑑賞
「ミッドタウン・クリスマス2016」のイルミネーション、「流れ星」に願いごとをすると叶う!?
「築地魚河岸」が築地にオープン!いったいどんな場所なのか詳しくご紹介!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP