ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

餃子好きたるもの、新店舗は押さえておきたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いったん餃子のこととを想ったら、もう口のなかは餃子しか受け入れられない!

そんな夜は、なにがなんでも餃子を食べないと自分自身が納得できません。

だったら、いつでも行ける餃子スポットはチェックしておきたい。

「餃子女子」発祥の店

YU WATANABEさん(@yu_addictone)が投稿した写真 – 2016 11月 9 2:12午後 PST

「餃子女子」という言葉の発祥とも言われているのが、渋谷・明治通りにある餃子バル「立吉餃子」です。

“餃子をつまみにワインを飲む”をコンセプトにしたこのお店。餃子にワインを合わせる、という新しいスタイルが2012年のオープン以来、人気を博しています。

1個約45グラムでボリューム満点の餃子

RUI’s Kitchenさん(@rui61)が投稿した写真 – 2016 11月 18 3:06午後 PST

気になる餃子は、コラーゲン質がたっぷりの山形県産豚のウデ肉とカシラ肉に豚脂を使い、ニラ、白菜、生姜など国産100%の野菜を使用。

ニンニクはあえて使わずに、ネギ油と特製のタレを混ぜ合わせ、肉の旨みをたっぷりと楽しめる餃子に仕上げています。

直径10.5センチメートルの大判の皮は、モチモチプリプリの食感が特徴です。

晩酌セットは850円

ひとり餃子にうれしいのが「夜の晩酌立吉セット(850円)」。

中身はというと…。焼餃子 or 水餃子 or 揚餃子5個とスパークリングワインやビール、ワインなどの飲み物のセット。オーダー率は100%に近い人気のセットです。

ほかにも、「芝海老餃子」や「パクチー餃子」「香味ガーリック餃子」「バジルと大葉のサラダ餃子」「トムヤムクンスープ餃子」など、とにかく飽きがこない餃子のラインナップがそろっています。

八丁堀にオープン

餃子好きなら知っておきたい「立吉餃子」。今週11月25日(金)に、八丁堀店にオープンします。

この冬は、チーズやお餅、キムチなど、中の具を選びながら、オリジナルの餃子餡と一緒に、自分で包んだ餃子を二色のスープを楽しめる「立吉餃子火鍋」なるメニューも追加されるそう。

寒く冷えた仕事帰りの体に、餃子の火鍋を注入できるなんて。至福の時間になりそう。

餃子とともにある人生。気持ちが餃子に向いたら、迷わずGOです。

[立吉餃子 八丁堀店]
住所:東京都中央区八丁堀2-11-1 メゾンコート1階
電話:03-5542-0535
アクセス:東京メトロ日比谷線八丁堀駅徒歩3分、都営浅草線宝町徒歩4分、JR山手線東京駅徒歩10分
定休日:日曜日、祝日
営業時間:11:00~14:00(LO14:00)、17:00~24:00(LO23:30)

文/ダーシー

■ あわせて読みたい

150円。パクチスト歓喜。目から鼻から口から
うまい棒。いつも買うのと本当に好きな味が違う
スープとスマホでひとりランチが変わる。スープストックの楽しみ方
自分好みで生きる。コーヒーだってスマホでカスタマイズ
コンセプチャルに生きるって楽しい! 食べて誰かの役にたつNYのサラダボウル
東京でいちばんおいしいパン(しかもグルテンフリーで)
スマホの中身はいまの自分。27歳NY在住シンガーの場合

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP