ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motion Technology、50ヶ所のVR体験用施設を2020年までに開設予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motion Technology社は、2020年までに韓国や中国で50ヶ所のVR体験用施設を開く予定であることを発表しました。来年3月にその1号となる施設を設立し、市場に進出するとのこと。

VRコンテンツ用触覚チョッキ

韓国Motion Technology社はモーションキャプチャ技術を提供している企業で、モーションキャプチャ領域で多くの特許を得ています。同社はG-STAR 2016(Global Game Exhibition)にて、モーションキャプチャを活用したVRコンテンツの体験版を発表しました。

同社の初めてのVRコンテンツは『VirtureX』。これはVRコンテンツ用触覚チョッキ、VRグローブと各種VRガンなどを使用するものです。ワイヤレス型のVRコンテンツとなり、自由に行動できるゲームです。

『Space Guardian』

VR体験用施設にコンテンツを提供するために、Motion Technology社はコンテンツ開発を行うUNDERDOG STUDIO社を設立しました。

『Space Guardian』は同社の第一作となります。FPSとSFを融合したもので、体験者は宇宙空間で歩く、ジャンプ、射撃といった動作を楽しめます。

(参考)

Motion Technology计划2020年前开设50家主题公园

http://news.87870.com/xinwennr-16327.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP