体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シェムリアップのおすすめ観光スポット30選

皆さんは、カンボジアのシェムリアップという都市をご存知でしょうか?

世界各国から絶えず観光客が訪れるシェムリアップで一番の見所といえば、やはり、アジアにある世界遺産で、知名度、人気ともにナンバーワンのアンコールワット遺跡群でしょう。

しかしながら、広い範囲に遺跡が点在しており、どれも魅力があるスポットばかりで、どこを見るべきか迷う人も多いはず。

今回はそんな方のために、シェムリアップに旅行に行った際に、必ず訪れたいスポット30ヶ所を厳選してご紹介いたします。

 

1.アンコール・ワット

shutterstock_167952836

photo by shutterstock

シェムリアップを訪れたほとんど全ての観光客が足を運ぶ「アンコール・ワット」。

世界三大仏教遺跡の一つであり、一生に一度は見てみたい、壮大すぎる世界遺産です。
■詳細情報
・名称:アンコールワット
・住所:104EO, Svaydongkun St, Siem Reap 855, Cambodia
・アクセス:シェムリアップ中心部から車で15分
・マップ:
・営業時間:5:00~17:30
・料金:アンコールワット遺跡群共通券利用可 1日有効入場券 US$20/3日間有効入場券 US$40/7日間有効入場券 US$60
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/list/668

 

2.プノン・バケン

shutterstock_386755051

photo by shutterstock

アンコール遺跡群の一つで、夕日の絶景スポットとしても有名な「プノン・バケン」。

日没近くになると夕陽を求めて多数の観光客が訪れる場所で、入場規制(300人まで)もあるほどです。
■詳細情報
・名称:プノン・バケン
・住所:7 Makara Street, Wat Bo Village | Salakamreuk Commune, Siem Reap Siem Reap
・アクセス:麓までシェムリアップ中心部から車で15分
・マップ:
・営業時間:5:30~17:30
・料金:アンコール遺跡群共通券 US$20(1日有効入場券) US$40(3日間有効入場券) US$60(7日間有効入場券)

 

3.バイヨン

shutterstock_351555083
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。