ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬でも気になる脇汗をどうにかしたい!2つの原因から考える有効対策

  • ガジェット通信を≫


やはり女性の方にとって、脇汗のシミは非常に恥ずかしいものです。 汗が出るのは仕方がないとしても、できればシャツに染みが付くのは避けたいですよね。 そこで今回は
脇汗対策について紹介していきましょう。

要チェック項目

□脇汗の種類には温熱性発汗と精神性発汗がある □デオドラント製品や脇汗パッドなどがおすすめ □多汗症の場合はクリニックでの治療が必要

脇から汗が出る仕組み

まずは汗の種類、および汗が出る仕組みを紹介しておきましょう。脇に汗をかくときは温熱性発汗と精神性発汗の両方の場合があります。

温熱性発汗

外が暑かったり、運動して体が温まった時、体温を調節するときにかく汗です。基本的にはエクリン腺という汗腺から出てきます。エクリン腺は全身のいたるところに存在しており、そこから出る汗は基本的には無臭です。 しかしながら手の平や脇の下は、他の箇所に比べてエクリン腺が多く存在しているといわれ、汗をかきやすい人は必然的に脇汗も多くなります。 ただこれに悩まされるのは夏場くらいなので、対策を用意しておくのは非常に簡単です。

精神性発汗

緊張した場面でかく汗です。プレゼンテーションの前など、緊張する場面で脇から汗が出てきたという経験がある人は多いのではないでしょうか。 温熱性発汗と違って、体温が上がっていなくてもかいてしまうため、予期せぬ脇汗に悩まされることも。 また精神的発汗もエクリン腺からの汗なのですが、脇や手の平などに集中して描くのが特徴です。温熱性発汗と違っていつ汗が噴き出すのか分からないため、季節に関係なく対策は普段から行っておきたいところです。

デオドラント製品で脇汗対策

最もお手軽にできる脇汗対策はデオドラント製品の使用ですね。特にクリームタイプのデオドラント製品は、汗腺を直接防いでくれるため、高い制汗作用を発揮してくれます。 そしてその中でも「クロルヒドロキシアルミニウム」や「パラフェノールスルホン酸亜鉛」といった制汗成分が含まれているものがおすすめですね。

クロルヒドロキシアルミニウム

今までの制汗剤でよく使われていたのは「塩化アルミニウム」に代わり注目を集めているのがこの「クロルヒドロキシアルミニウム」です。 収れん作用によって汗腺を引き締めてくれるため、汗を閉じ込めてくれるというわけですね。 塩化アルミニウムに比べるとやや制汗効果が弱いのですが、肌荒れが起きにくく、高い安全性を誇っているため、最近ではこちらの方が主流です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

アルミニウムほどメジャーではありませんが、こちらも制汗効果のある金属塩です。 クロルヒドロキシアルミニウムと違い、汗の中に含まれているたんぱく質と反応して凝固物を作り、それで汗腺にふたをすることで汗を防いでくれます。 収れん作用と違って長い間汗腺を塞ぐことができるので、より高い制汗効果が期待できますね。作られた凝固物は体内に取り込まれた後尿として排出されます。 また肌荒れなどの副作用は確認されておらず、比較的安全な成分というのもうれしいポイント。 ただ、これが含まれているデオドラントはやや料金が張るというのが唯一のデメリットでしょうか。

気軽に使える脇汗パッド・脇汗インナー

脇汗パッド

また脇汗パッドなども、手軽にできる脇汗対策ですね。汗を抑えるわけではないのですが、服に汗が付着することを防いでくれるので、脇汗をかいていても脇が目立つことはありません。 使用方法も脇に張り付けるだけなので、非常にお手軽。お値段もリーズナブルなので、脇汗に悩む人の強い味方になってくれるでしょう。制汗剤と併用して利用すると、より効果を発揮します。 ただし多汗症などで噴き出る汗の量が多い人は、脇汗パッドでも賄いきれないこともあるので注意してください。

脇汗インナー

また最近では脇汗インナーなるものも登場してきたみたいです。シャツタイプやキャミソールタイプなどのものがあり、より広範囲の汗を吸い取ってくれます。色も目立つものではないので、仕事でも問題なく使用できますね。 また洗濯して何度でも使えるので、経済的にもうれしいところ。まさに着るだけでできる簡単脇汗対策ですね。

脇汗対策のために日常生活で行っておきたいこと

日常生活の中で脇汗を強めてしまう要因についても説明しておきましょう。

ストレス

精神的発汗は緊張やストレスに対して、汗が噴き出てしまう現象です。ストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまい、発汗作用が働いてしまいます。 自律神経は無意識の行動をつかさどっている神経ゆえに、これを解消するには普段からストレスをためないように生活を送るしかありません。

食生活

脂っこいものが汗のにおいを強めてしまうというのはよく耳にするかと思いますが、純粋に脇汗の量を増やしてしまうのが「カフェイン」です。 カフェインは体内に入ると中枢神経に働きかけ、汗腺を刺激して汗を増やしてしまうのです。 コーヒーや紅茶などは1日に1~2杯程度に抑えるようにしましょう。また冷たい飲み物をガブガブ飲んでしまうと、体が急激に冷えて自律神経が乱れることがあるので、こちらにも要注意です。

運動不足

普段から運動をしていないと、ちょっと動いただけでも汗をかいてしまいますよね。運動不足になると体温を調節する必要がなくなってしまい、汗腺機能も低下してしまうのです。 そうするとちょっとした気温の変化や体温の上昇でも汗が出てしまい、特に脇にはエクリン腺が多く集まっている分、濃度の高い汗が出やすくなってしまいます。 これに対処するは、やはり運動しかありません。運動をするとストレスの解消にもなりますし、脇汗に悩んでいる方はこまめに体を動かす習慣をつけておきたいですね。

多汗症の場合は脇汗対策よりも治療が必要

どんなにワキ汗対策をしても、緊張した場面になるとそれで賄いきれないくらいに多量の汗をかいてしまう方もいらっしゃるかもしれません。 そういった方は多汗症の疑いがありますので、対策ではなく病院での治療を推奨されます。 多汗症にもいろいろな種類がありますが、特に脇に汗が集中している場合は腋窩(えきか)多汗症といわれ、200万人以上がこれに悩んでいるんだとか。この腋窩多汗症の治療はボトックス注射が代表的ですね。 ボトックス注射というと美容整形でも使われるので、名前はおなじみでしょう。 A型ボツリヌス菌という、筋肉の動きをマヒさせてしまう毒を持った薬を注射することで(もちろん人体に影響が出ないよう、毒性は弱めてあります)、シミやシワが目立たなくなるのです。 そしてこれを脇に打てば、脇周辺の筋肉がマヒをして、エクリン腺の働きを抑え込むこともできるというわけですね。 ただし4~9カ月ほどたつと徐々に効果が切れていってしまうので、継続して治療が必要です。1回の治療につき費用が8~10万円ほどかかってしまうというのも少し心配ですね。 それでも日常生活に支障が出るほど汗が噴き出してしまい、治療が必要だと判断された場合には、保険が適用されて3割負担で済むこともありますので、 多汗症にお悩みの方は1度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

脇汗対策は事前の準備が大切

いかがだったでしょうか。 脇汗対策はやはり事前に準備しておくことが大切ですね。 特に精神的発汗の場合、いつ緊張した場面が来るかわからないので、普段から対策を考えておかなければなりません。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【医師監修】何もしていないのに汗が出るのはなぜ?考えられる原因を解説
多汗症はただの汗かきとは違うの? 改善したい症状とオススメ対策法
止まらない食欲と感情…エモーショナルイーティングをやめるには?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP