ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界一のビール大国!チェコの定番料理とおすすめのレストランまとめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit:Matyáš Havel (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

こんにちは。Compathy Magazineのマナミです。
チェコは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。ヨーロッパらしい街並みが残る首都のプラハをはじめ、たくさんの旅行者が訪れる人気観光スポットが多くあります。
チェコは、実は世界一のビール消費量を誇るビール大国。今回は、そんなチェコの定番人気料理とおすすめのレストランについて紹介します。この記事を読んで、ビールに合うさまざまな料理を探してみましょう。

チェコ料理の特徴:日本人好みのマイルドな味付けのレシピが多数

Photo credit:新田浩之(Nitta Hiroshi)「鉄道好きにはたまらない、チェコの食堂車とトラムのご紹介」

チェコは中央ヨーロッパに位置する1国で、ポーランド・ドイツ・オーストリアなどと国境を接しています。そんなヨーロッパ諸国と比較して、チェコ料理は素朴な味付けが特徴で、素材の甘みを感じるマイルドな口当たりが多くの人を魅了しています。

またビールの消費量が世界一であることでも知られるチェコでは、その付け合せとしても最適な肉料理が人気。肉の種類も、牛・豚・鶏・ラム・キジ、季節によってはシカやウサギなどさまざまです。また海に面していないチェコですが、鯉やマスといった淡水の川魚を使用した料理もあります。

伝統的な定番チェコ料理6選

1.ウトペネッツ:酸っぱい味がビールにぴったり

By Haliak (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

ウトペネッツとは、ソーセージをお酢で付けたチェコ料理の1つ。チェコの言葉で”溺死体”を意味するユーモアたっぷりのネーミングで、ソーセージが酢の中に浮いている様子からその名が付けられたと言われています。
ウトペネッツは酸味とソーセージのジューシーさの組み合わせが魅力で、チェコではビールに合う代表的な料理として親しまれています。家庭やレストランさまざまな場所で提供されているので、ビール片手に挑戦してみてはいかがでしょうか?

2.スマジェニースィール:香ばしいチーズの揚げ物

Photo credit:aperturepriorities via flickr cc

スマジェニースィールは、チーズを油で揚げた料理です。表面はサクッとした食感ですが、ナイフを入れると中からトロっと溶けたチーズが流れてくる様子が食欲をそそります。
スマジェニースィールは通常フライドポテトが添えられ、マヨネーズやオリジナルのタルタルソースと一緒に提供されるのが一般的。こちらもビールとの相性が抜群な、スナック感覚のチェコ料理です。

3.スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェ:牛肉を煮込んだチェコの名物料理

By Matyáš Havel (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェは、マリネした牛ヒレ肉をじっくりと時間をかけて煮込んだチェコのシチュー料理。牛肉はクリームで煮てあるため見た目がはこってりですが、実際の意外なあっさり味とのギャップが人気の秘密です。
一般的にはクランベリーソースとクネドリーキ(チェコの茹でパン)が添えられており、クリームと一緒に食べると味のアクセントとして楽しむこともできますよ。スヴィチコヴァー・ナ・スメタニェは結婚式や祝いの席の定番として親しまれている、チェコの名物料理の1つです。

4.ペチェナカフナ:ジャガイモとパンのクネドリーキとセットが定番

By Makovec (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ペチェナカフナとは、ハーブなどの香辛料と一緒に鴨肉をローストしたチェコ料理。ゆっくりと時間をかけて丁寧にローストされた鴨肉は、ジューシーな味わいを口いっぱいに感じることができる点が魅力です。
クネドリーキやザワークラフトと呼ばれる酢キャベツと一緒に提供されることが多く、鴨肉との相性も抜群の一品。鴨肉の芳醇な香が、ビール欲から食欲まで増大する料理と言えますね。

6.チェコ風グラーシュ:体が温まるスパイシーなシチュー

By Dezidor (Own work) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

チェコ風グラーシュは、ハンガリーのビーフシチュー料理として有名なグラーシュを、チェコ風にアレンジした料理です。スパイシーで具材がごろごろしたハンガリーのグラーシュに比べると、チェコのグラーシュは野菜が細かくなるまで煮込んだマイルドな味わいが特徴となっています。
レストランや家庭によってオリジナルのレシピがあり、味のバリエーションが豊富なのも魅力の1つ。チェコ人たちが厳しい冬の寒さを乗り切るためのスープ料理、ぜひ挑戦してポカポカになりたいですね。

チェコ料理を堪能できるおすすめレストラン

チェコには、伝統料理や地元のビールを味わうことができるお店がたくさんあります。ここでは、首都のプラハのおすすめレストランの基本情報と店舗情報について紹介します。

1.ウ・カリハ

Provided by

ウ・カリハ」は、チェコの作家ヤロスラフ・ハシェクの小説、『兵士シュヴェイクの冒険』をモチーフにしたプラハのレストラン。ちょっと間抜けな性格だけどどこか憎めない兵士シュヴェイクはチェコの国民キャラクターとして親しまれており、小説も日本を含む54ヵ国で翻訳されるなど世界中で人気を集めています。
こちらのレストランではスヴィチコヴァー・ナ・スメタニェをはじめ、豚肉料理など、さまざまなチェコ料理のメニューがあります。日本語メニューの用意もあるため、チェコが初めてという日本人旅行者の方でも安心ですね。

ウ・カリハ(U Kalicha)
住所:Na Bojisti 12-14, Prague 2
電話番号:0296189600
営業時間:11:00~23:00
アクセス:地下鉄「I.P.Pavlova」駅から徒歩3分
公式サイト:ウ・カリハ

 

2.ウ・メドヴィードクー

Provided by

ウ・メドヴィードクー」は、ビールの醸造所とレストランが併設したお店。今ではビールの代表格となったバドワイザーの起源”ブドヴァル”など、さまざまな種類のビールを楽しむことができます。
なかでもこちらの看板メニューは、伝統的な方法で醸造される世界で最も強いビール”XBEER-33”。お酒が強いと自身がある方は、ぜひ挑戦してみましょう。

ウ・メドヴィードクー(U Medvídků)
住所:Na Perštýně 7, 100 01 Prague 1
電話番号:0224211916
営業時間:11:00~23:00
アクセス:地下鉄「Národní třída」から徒歩3分
公式サイト:ウ・メドヴィードクー

 

3.コルコフナ ツェルニッツェ

Provided by

コルコフナ ツェルニッツェ」は、チェコを代表するビー”「ピルスナー・ウルケル”の直営店。チェコのビールをはじめ、併設のレストランではチェコの伝統料理が提供されています。
お店の看板メニューは、”南ボヘミア風ポテトスープ”。パンを器にして盛り付けられたスープ料理で、派手な見た目とボリューム満点な量が人気を集めています。首都プラハの中心部に位置しているので、観光客も気軽に訪れやすいお店と言えるでしょう。

コルコフナ ツェルニッツェ(KOLKOVNA CELNICE)
住所:V Celnici 4, Prague
電話番号:0224212240
営業時間:11:00~24:00
アクセス:地下鉄「Namesti Republiky」駅から徒歩1分
公式サイト:コルコフナ

おわりに

いかがでしたでしょうか?
中央ヨーロッパの1国であるチェコには、伝統料理からビールに合うおつまみ感覚のグルメまで、さまざまな料理があります。また世界一ビールを消費する国としても知られるチェコでは、ビールと一緒に料理を楽しむ文化が根付いていると言えるでしょう。
皆さんもチェコを訪れる際は、この記事を参考に、ビールと一緒にチェコの料理を体験してみましょう!

ライター:マナミ
Photo by:Matyáš Havel (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

Compathyでチェコの旅行記・旅行情報をみる

Compathyでは、チェコを訪れたみんなの旅行記やおすすめの観光・グルメスポット・ホテルなどを紹介しています。

チェコの関連旅行記ブログ

*Asahi Tomohiro「チェコデザインと美食を求めて。」

*Ono Hiromasa「チェコ8泊10日の旅」

*新田浩之(Nitta Hiroshi)「鉄道好きにはたまらない、チェコの食堂車とトラムのご紹介」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP