ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

里咲りさ、2017年にZepp Diver Cityでワンマン決定「博打打って生きたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

里咲りさが、2017年9月22日に自身最大規模となるワンマン・ライヴを東京・Zepp Diver Cityで開催する。

こちらは来年行う初の全国ツアーのファイナル公演として開催され、バンド編成でのライヴとなる予定。11月18日夜に行った自身の配信番組で発表した。

このライヴに向け、今月から来年の春まで毎月さまざまなアーティストを迎えて2マンを開催。さらにワンマン直前の来年8月にはフル・アルバムを発売。そのアルバムから毎月1曲ずつ、配信および手焼きCD-Rで先行販売する。Zepp Diver City公演のチケットは、すでにイープラスで発売中。手売りチケットも順次発売予定で、最前1列は主催イベントのみで販売されるとのこと。

里咲はブログで、本公演について「(ソロ活動を)2年やっててZepp埋められるくらいじゃなきゃ、やりがいもないし、自分への喝入れの気持ちで借りました」とコメント。「小さいライブをコツコツやり続ける生き残り方と、博打みたいな生き方して燃えちゃうなら、博打打って生きたいです」と思いを明かしている。

会場を埋めるのは簡単でないことを理解しつつも「私は、人がいっぱいいるZeppで バンドつけて かっこいい里咲りさのライブをしたいです」と語り、「私なりのエンターテイメントを、全力で、全財産と時間と人生かけて、覚悟決めてみんなに届けたいと思います」と意気込んだ。

また、会場のレンタル費用は9月に発売したアルバム『売れるまで待てない』の売り上げから捻出。通常は個人で借りられる規模の会場ではないため、信用されていないのではないかという思いから、自ら申し出てすでに半額程度を支払ったもようだ。

なお、里咲のこれまでのソロで行ったワンマンのなかでは、今年の9月25日に渋谷MilkyWayで行ったライヴが最大キャパ(約250人)。Zepp Diver Cityのキャパはスタンディングで約2500人、椅子使用時でも1000人を超える。ライヴまでの約10ヶ月で、彼女はどのようにこのキャパを埋めていくのか。ファンならずとも注目しよう。(純三)

・里咲りさワンマン
2017年9月22日Zepp Diver City
チケットの発売は2016/11/19 0:00〜イープラスにて開始。全席自由¥3800-
同額の手売りチケットも11月下旬から販売予定、最前1列のみ¥6800で里咲主催イベントにて販売が行われる予定。

・Zeppを借りた理由、借りれた理由 その1(里咲りさオフィシャルブログ)
http://ameblo.jp/risa-satosaki/entry-12220897577.html

・里咲りさ オフィシャルサイト
http://risamusic925.wixsite.com/risa
・里咲りさ『THE-R』OTOTOY配信ページ
http://ototoy.jp/_/default/p/62106

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP