ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

周囲の人や物体を識別するVRヘッドマウントディスプレイ「Linq」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MR(Mixed Reality)デバイス「Linq」がStereo Labs社によって開発されています。このデバイスは周囲の環境を認識し、20m範囲内の人と物体識別ができるのが特徴です。

周囲の人や物体を識別するVRヘッドマウントディスプレイ「Linq」

現在、多くのハイエンドVRHMDは、デバイスの外部に位置トラッキング用センサーなど物体識別設備を配置することで位置をトラッキングする「outside-in」方式を採用しています。OculusなどはVRHMDを外部センサーなどに頼らず使用できるようにするために、デバイス自身にトラッキングの機構を付ける「inside-out」方式の開発を行っています。

今回、Stereo Labs社によるinside-out方式が実現できる「Linq」が開発されました。Stereo Labs社はもともとステレオカメラ「ZED」を開発・販売しています。

周囲の人や物体を識別するVRヘッドマウントディスプレイ「Linq」

https://www.youtube.com/watch?v=P-QEnnMHYt0

「Linq」のフロントセンサーは「ZED」に基づき人間の視線を再現することで、周りの世界を感知することが可能です。デバイス以外にセンサー設備を配置せず、直接頭にかぶってVRを体験できます。

Linqのinside-out方式は今広く利用されているSLAMシステムとは異なり、二つのRGBカメラが配置。これは人間の視線の動きに則ったもので、動きなどのトラッキングも正確であるとされています。

Stereo LabsはLinqの開発者バージョンを2017年に配布する予定です。

(参考)

六自由度MR头显Linq亮相 让卧室变成混合现实体验店

http://wap.87870.com/xinwennr-16314.html

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。