ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Silent Siren、LINE LIVE特番でゲリラインタビュー対決「おうちに帰りたい…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Silent Siren︎(サイサイ)が、より多くの人に「サイサイ」を知ってもらい、もっと深く理解してもらうための番組「Road to Dream on!」を11月15日、渋谷109メンズ館の屋上に新設されたLINE LIVEの専用スタジオ・SHIBUYAスクランブルスタジオから配信した。

前日がデビュー4周年という今回の配信では、特別企画「サイサイファンを増やせ!SHIBUYA109 メンズ館インタビュー対決」を開催。先攻と後攻で2人ずつのチームに分かれ、突撃インタビューを決行し、サイサイを知らない人にはゲームで対決を要求するというゲーム企画となっている。

負けたらファンになってもらうという“無茶ぶり”企画を聞いて、まず「率直に言ってすごい嫌です」と渋い表情を見せたのは、後攻でスタジオ待機している Vo&G.のすぅ(吉田菫)。一緒にペアを組むBa.のあいにゃん(山内あいな)は「すぅは人見知りだからね」とフォローするが「しかもSHIBUYA109メンズ館。どんなハードルですか…」(すぅ)と始まる前から憂鬱な様子を見せていた。

一方、先攻の Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)と、Key.ゆかるん(黒坂優香子)は、カメラが切り替わった途端「そらジローだよ〜!」と、夕方のニュースのお天気コーナーのパロディを披露する余裕ぶり。すぐそばにいたショップの男性店員に「私たちSilent Sirenというガールズバンドをやっているんですけど知ってますか?」とインタビューするが「わかりません!」と言われてしまう。

そこで、店員にファンになってもらうべくさっそく対決ゲームをスタートさせることに。ゲームは、サイサイの 2人が鉛筆を落とし、店員さんがキャッチできたら2人の負けというシンプルなもの。1発目は、ゲームの最中に食べ物トークを仕掛け、話している隙に鉛筆を落とすという作戦でサイサイが勝利し、見事ファン1人ゲットという結果に。

その後2人は男女2人組に声をかけると、こちらはなんとすでにサイサイのファンで、ファン2人目を獲得。ここまでは順調だったが、その後再び別のショップ店員2人に声をかけるも、どちらもサイサイを知らず、しかもゲームでは先ほどの作戦には惜しくも引っかからずに2連敗という結果に。この様子をみていたすぅとあいにゃんは「おうちに帰りたい…」とさらに弱気になってしまう。

そしていよいよ攻守交替。今度は弱気だったすぅとあいにゃんがインタビューに挑戦するが、意外にも躊躇することなくショップの店員に「質問なんですけど…Silent Sirenっていうガールズバンド知っていますか?」と話しかけることに成功する。

店員さんはサイサイを知らなかったためゲーム対決をすることになったが、2人も先攻のひなんちゅとゆかるんを見習い、“関係ないトークを仕掛けて話している隙に鉛筆を落とす作戦”を決行。すると最初は鉛筆をキャッチしたかに見えたが、なんとなくやり直して次は落下。この様子を見たスタジオの2人は「…リプレイは?」と抗議をしたが、受け入れられずにファン1人目ゲットという判定となる。

これでコツをつかんだのか、2人はその後も次々と声をかけ、そのたびに“関係ないトークを仕掛けて話している隙に鉛筆を落とす作戦”で連戦連勝。途中からは「かわいい服発見!」と本気でショッピングを始めるという余裕を見せる。

その様子を見たスタジオのひなんちゅとゆかるんは、「これ(ゲームに参加している)お兄さんたちがやさしいのか、うちらのゲームが下手なのかな…」とすっかり意気消沈。

結局すぅとあいにゃんは一度もゲームに失敗することなく、見事ファンを5人獲得し、対決に勝利。その後スタジオへ戻り4人そろったところで今回の対決を振り返ると、まず勝因については「(放送が)はじまっているのにひなとゆかるんがコントみたいなのしていたし(笑)。あれロスだよ」とあいにゃん。「それをみて『あ、時間なくなるな』って学んだよね」とすぅ。どうやら後攻の2人が最初の対決の様子を見て学んだのが大きく影響したようだ。

負けたチームは、罰ゲームとしてつながりも連続性もない写真をもとにアドリブでストーリーを考える「アドリブ紙芝居」をやることに。こちらで盛り上がった後には、今回の新規ファン獲得対決を行った感想として「誰でも知ってもらえる有名人になりましょう」(ひなんちゅ)「渋谷109がパニックになるくらい。外に行ったらスタッフさんが『あぶないので』って止めるくらいにね」(ゆかるん)と意気込み、番組は終了した。

番組終盤では、サイサイメンバーが夢を蘇らせる「ドリームリサイクル」も告知。かつて目指していた夢や諦めてしまった夢に関係する思い出を「夢のカケラ」として配信する。

サイサイメンバーが、その夢の“カケラ”にイラストやメッセージを書き込み、再びアート作品に生まれ変わらせてくれるという企画だが、さっそくすぅが、夢を諦めてしまった「すち子」となり配信のお手本を見せた。そんなエコロジカルな企画「ドリームリサイクル」についての詳細は特設ページにて。

「ドリームリサイクル」
http://lineblog.me/livepress/archives/13092835.html

番組情報
サイサイ「Road to Dream on!」
配信日時:2016年11月15日(火)20:15〜
配信URL:https://live.line.me/r/channels/35976/broadcast/127089

関連リンク

Silent Siren オフィシャルサイトhttp://silent-siren.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP