ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天然由来の育毛成分“キャピキシル” 女性の薄毛にも効果がある?

  • ガジェット通信を≫


最近話題になっている
育毛成分「キャピキシル」、ミノキシジルの3倍の効果を持っているとの売り文句なのですが、いったいどのような成分なのでしょうか。 薄毛の救世主になり得る存在だと良いのですが…詳しく見ていきましょう。

要チェック項目

□キャピシルはアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3からなる育毛成分 □その育毛効果は臨床実験によって裏打ちされている □副作用も一切なし! 安心安全の育毛成分

注目の育毛成分「キャピキシル」とは

キャピキシルとは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を混ぜ合わせて作られた成分です。 カナダの化粧品会社である「LUCAS MEYER COSMETICS(ルーカス・マイヤー・コスメティック)社」によって開発されました。 最近登場してきた成分ながら、ミノキシジルの3倍の効果を持つという売り文句が話題となり、注目を集めています。 このアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3、いったいどのような効果を持ち、どのように薄毛に働きかけてくれるのでしょうか。以下で詳しく説明していきます。

アカツメクサ花エキスの育毛効果

まずはアカツメクサ花エキスから紹介しましょう。名前からもわかる通りアカツメクサから抽出したエキスです。 別名「レッドクローバー」とも言われ、ヨーロッパでは昔から更年期障害や肌トラブルに効果のあるハーブとしても使われてきました。 そして薄毛対策の観点から注目すると。この中に含まれているビオカニンAという成分が非常に強力です。

ジヒドロテストステロンの抑制

ビオカニンAには5αリダクターゼを抑制する効果があります。薄毛の原因といえばジヒドロテストステロンが最も有名ですが、そのジヒドロテストステロンは、テストステロンと5αリダクターゼが結合して生成されます。 つまりこの5αリダクターゼを抑え込むことができれば、ジヒドロテストステロンも根本から絶つことができるというわけですね。

イソフラボンが薄毛を抑制

さらにこのアカツメクサに含まれているイソフラボンにも注目です。 薄毛に効果のあるイソフラボンというと大豆イソフラボンがおなじみですが、アカツメクサはこの大豆の10~20倍のイソフラボン含有量を誇っており、それだけ育毛にも非常に高い効果を発揮します。 イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きをするといわれています。 元々エストロゲンには女性らしい体を作ったり、妊娠に備えて子宮内膜を温めたりする働きがあるのですが、男性がこのエストロゲンを摂取すると、男性ホルモンの働きが抑制され、薄毛の進行を抑えることができるのです。

頭皮の炎症を抑える

また先ほどにも紹介した通り、もともとはアカツメクサは肌トラブルを解消するためのハーブとしても使われていました。それだけ高い抗炎症作用を誇っており、頭皮環境を整えるのにも一役買ってくれます。 頭皮は髪の毛が生えるための畑のようなものです。いくら発毛を促進しても、畑がきちんとしていなければ髪の毛は生えませんし育ちません。 5αリダクターゼを抑制したり、イソフラボンの持つ薄毛抑制効果などと比べると目立ちにくいかもしれませんが、健康な髪を育てるためには非常に重要な効果です。

アセチルテトラペプチドー3の育毛効果

では続いてアセチルテトラペプチド-3です。こちらは先ほども紹介した「LUCAS MEYER COSMETICS社」によって開発された、人口のアミノ酸分子です。 そもそもペプチドとは、アミノ酸が複数個結合したものを言い、このアセチルテトラペプチド-3も4つのアミノ酸から構成されています。 そしてその最大の特徴は、高い細胞修復能力です。 普段私たちがケガをしても、自然と傷が修復されていきますよね。このように細胞には元々修復能力が備わっているのですが、このアセチルテトラペプチド-3はこの細胞が持っている修復能力をさらに高めてくれるのです。 そしてこの効果を何とか頭皮に応用できないかと実験に実験を重ねた結果、見事毛母細胞の修復能力を再生させることに成功しました。

実験によって裏打ちされた育毛効果

そしてキャピキシルは臨床実験のデータがハッキリと公表されている成分でもあります。 行った実験としては、30人のAGA患者のうち15人にキャピシル入りの育毛剤を、そして残りの15人には何も入っていない偽物の薬を、4か月間使用してもらうというものです。 そして4か月後に再びデータを取ってみると、偽物の薬を使っていたグループは成長期の髪の毛が2%減少、休止期の髪の毛が23%も増加してしまったのに対し、 キャピシル入りの育毛剤を使っていたグループは成長期の髪の毛が13%増加、休止期の髪の毛が29%の減少という結果を見せました。 この実験結果だけをみて本当にミノキシジルの3倍の効果を持っているかどうかはわかりませんが(ミノキシジルを使って同じ実験をしたわけではないので)、きちんとデータを公表しているという点には非常に好感を持てますね。

高い育毛効果を持ちながら副作用は一切なし

そしてキャピキシルが何よりもうれしいのが、これだけの高い効果を誇りながら副作用が全く確認されていないということです。 実は比較対象であるミノキシジルには様々な副作用が確認されており、高い効果を持ちながらも使用には細心の注意が必要でした。 ミノキシジル自体元々育毛剤として開発されたわけではありません。 はじめは高血圧用の薬として開発されており、次第に血管を拡張させることで発毛効果があるのではないかと注目されはじめ、現在では育毛剤に利用されるようになりました。 しかしそれだけに様々な副作用が確認されており、軽度のものでは皮膚のかゆみや頭痛、重篤なものだと循環器疾患で死亡例も出ているほどです。 しかしキャピキシルは天然由来のアカツメクサ花エキスが主成分であり、副作用は一切なし。 肌にも優しく体への負担はほとんどないのです。高い効果と安全性、両方を兼ね備えたまさに育毛界の救世主的な存在といえるでしょう。

育毛剤に迷ったらこれ!

といった感じでキャピシルは今後最もおすすめの育毛成分の1つとなっていくことでしょう。 副作用もないですし、もし育毛剤に迷っているのであれば、キャピキシル入りのものをお試ししてみてはいかがでしょうか。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

育毛に低周波レーザーが効果アリ!? 気になる効果とメカニズムとは
TOKIO城島 手作りアロエ育毛剤で効果を実感!?【鉄腕DASH】
夏をさわやかに過ごすアイディア 「炭酸水」の意外な5つの活用法!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。