体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

壮大な自然の迫力を体感!ケニアのおすすめ観光・料理・お土産情報まとめ

壮大な自然の迫力を体感!ケニアのおすすめ観光・料理・お土産情報まとめ
Photo credit:Yoshitsugu Abe「Around the world」

Photo credit:Yoshitsugu Abe「Around the world

こんにちは。Compathy Magazineの川島です。
ケニアは、アフリカの東部に位置する共和国で、豊かな自然に囲まれたエリア。アフリカと聞いて大平原の中を邁進する野生動物を想像する方も多いと思いますが、そんあアフリカのイメージを地で行く美しくたくましい風景が広がっているのがケニアの魅力です。
今回は、ケニアの基本情報とおすすめの観光スポット・料理・お土産について紹介します。この記事を読んで、広大なサファリの世界を探検してみましょう。

赤道直下の国、ケニアってどんなところ?

ケニアは、赤道直下の東アフリカに位置する共和国で、イギリス連邦の加盟国です。面積は58万㎢で、日本の1.5倍ほどの広さを誇ります。周辺をエチオピア・南スーダン・ウガンダ共和国・タンザニア・ソマリアといったアフリカ諸国に囲まれており、南東はインド洋への海路が展開しています。
そんなケニアは、南北を人類誕生の地と言われているグレートリフトバレーが貫き、火山や湖を有する多様な自然環境に恵まれてる国。また内陸部の首都ナイロビが伝統的なスワヒリ文化が栄えている一方で、沿岸部のケニアの人口第2の都市・モンバサではアラブ文化の影響を色濃く残しています。内陸と沿岸で異なる文化を味わうことができるのも、ケニアの魅力と言えるでしょう。

国名(正式名称):ケニア共和国 
首都:ナイロビ
人口:約4,600万人
公用語:スワヒリ語(国語)、英語(公用語)
通貨:ケニア・シリング(KES)
日本との時差:-6時間
民族:全部で42の民族が存在していますが、キクユ族、ルヒヤ族、カレンジン族、ルオ族、カンバ族など、上位10部族で約9割を占めています。その他、タンザニアにまたがって生活しているマサイ族も有名です。
またそのほかに、アジア系・ヨーロッパ系・アラブ系の移民もいますが、少数派となっています。

 

ケニアの国旗の特徴と意味

Photo credit:Pumbaa80 [Public domain], via Wikimedia Commons

Photo credit:Pumbaa80 [Public domain], via Wikimedia Commons

ケニアの国旗は黒・赤・緑・白の4色のラインからなり、中央にはケニアの先住民族であるマサイ族の盾と槍で構成された紋章が施されています。黒が国民、赤が自由のための闘争、緑は農業と豊かな資源、白線は平和を、マサイの紋章は自由の防衛を意味しています。

ケニア(ナイロビ)の天気・気候・気温

雷雨の可能性

今日

11/21

High 22°
/
Low 14°

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。