ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“低山トラベラー”がすすめる、関東にある低山

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「WONDER VISION」(ナビゲーター:平井理央)のワンコーナー「TAKE ONE ACTION」。11月20日(日)のオンエアでは、「低山トラベラー」として活動している大内征さんをお迎えしました。

■関東は“宝”の山

そもそも「低山トラベラー」とは何か、気になるところです。大内さんによると「登山というと、高い山に登るイメージがあると思いますが、低い山にも良い山はたくさんあります。日本には『自然に精霊が宿る』という考えもあるように、山には何かしらの物語があります。それをたどりながら歩くと、旅をしている感覚で山を楽しむことができるということで『低山トラベラー』として『低山トラベル』を提唱しています」ということでした。

ちなみに、低山の基準は、山をたしなむ人の間では1,000メートル以下の山と考えられているそうですが、『日本百名山』著者の深田久弥さんは1,500メートル以上の山で品位や風格がある山を選んでいるのだとか。その点からすると、大内さんは、1,500メートル以下の山が低山ということになるのでは?と考えているそう。そうなると、関東には数え切れないほどの低山があることになるため、平井は「大内さんにとって、関東は宝の山ですね」と微笑んでいました。

■大内さんおすすめの低い山

・御岳山(東京都・青梅市)
8合目まではロープウェイで上れ、ちょうど今が紅葉の見頃。コンクリートで舗装された道を20〜30分ほど歩くと、山上にある「武蔵御嶽神社」に着く。登山用の装備をせずに、山の雰囲気を味わうことができる。

大内さんは「山頂から東京が見渡せるので『自分はいつもあそこで働いているんだ』と、山と都市との連続性を感じることができます」とすすめてくれました。

・大山(神奈川県)
山の中腹にある阿夫利神社までは、ケーブルカーが運行されており、そこから1時間半くらい歩くと山頂に着く。山頂からは、江ノ島や湘南方面の絶景が楽しめる。

「阿夫利は、昔は『雨降』と書いていました。相模湾の温かい空気によって大山の上空で雲ができ、ふもとに雨が降るため、作物がたくさん実るというわけです。そして実際に大山には、水の神様、雷の神様、山の神様がいて、3人の神様が祀られています。ちなみに、大山に祀られている山の神・大山祗大神は、富士山に祀られている木花咲耶姫のお父さんにあたりますので、セットでお参りする『両参り』という文化が古来からありました」と大内さん。

まさに、山を通じて歴史が分かるというわけです。紅葉シーズンの真っ只中、みなさんも低山に登っていてはいかがでしょう。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WONDER VISION」
放送日時:毎週日曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/wondervision/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。