体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秘訣はお酢由来のアレ?菌美女達も注目の二日酔い対策レシピとは

11月の第3木曜日(2016年は11月17日)は、世界で最初にボジョレーヌーヴォーが解禁される日とあって、今年も日本全国で盛り上がりました。しかし、翌日は平日。仕事をひかえ、飲み過ぎ、二日酔いは禁物。……毎年の悩みです。

 

どうしたら、健康的でスマートに飲み会を楽しめるのか?解禁日が過ぎれば忘年会シーズンはもうすぐそこ。そこで今回は、脱!二日酔いの方法を探ります。

 

あの万能すぎる調味料が、またまた登場!

飲み会のお供といえば“うこん”や“シジミ”といった食材がお馴染みですが、そんななか、最近、新たに注目を集めているのが“酢酸菌”。なんと、お酢の醸造工程で使われる酢酸菌が持つ“酢酸菌酵素”には、アルコールを分解するはたらきがあるらしいのです。

 

酢酸菌を使ったレシピは旨い!

“菌”をこよなく愛し、その菌力で美しく生きることを目指す女性達が集う“菌美女会”では、健康的で悪酔いしないレシピを提案しています。17日に都内で開かれた、菌美女会のボジョレーヌーヴォー・パーティでは “酢酸菌”を絡めた料理もお披露目されました。

 

※菌美女の皆さんが発信した“菌活”というコトバも記憶に新しい。美味しくてヘルシーな会なのだ!

 

ちなみに酢酸菌酵素は、お腹にも優しいのです。酢酸菌酵素が作りだす代表的なものに、ケフィアヨーグルトやカスピ海ヨーグルト、そして紅茶キノコがあります。紅茶キノコは、昭和40年代~50年代にかけて爆発的ブームになったので記憶にある人もいるかも知れません。

 


nice things./ナイスシングス. 2013-11-26 発売号
Fujisan.co.jpより

 

お酒と酢酸菌が相性バッチリな理由


[連載] からだの仕組み NHK きょうの健康
Fujisan.co.jpより

 

そもそもお酢は、お酒から造られます。例えば、米酢。蒸米に米こうじ(酵素)と酵母を加えると、お米のデンプンが糖を経てアルコールにかわります。そのアルコールに酢酸菌を加えると米酢のできあがりです。

 

このとき、酢酸菌の表面には『アルコール脱水素酵素』と『アルデヒド脱水素酵素』という2つの酢酸菌酵素が存在します。1つ目の酵素でアルコールを分解してアルデヒドをつくり、2つ目の酵素でアルデヒドを分解して酢酸をつくるのです。この仕組みは人間の体内でも同じ。お酒に弱い人はこのアルデヒドが体内に溜まりやすいといわれています。

 

※左)オーガニックワイン専門店 マヴィ『ヴィラージュヌーヴォー2016‐アンドレランポン-』 中)足利ココファーム&ワイナリーの『のぼっこ』 右)石原順子氏のワイナリーより『ロゼぺティアン』。

 

つまり、酢酸菌酵素を摂ることで、体内にあるアルコール(アルデヒド)を分解し、無害な“酢酸”に変えてしまう効果が期待できるということです。

 

濁っているのは、酢酸菌たっぷりの証拠

でも、なぜ、もっと早くからアルコールを分解する“お酢”由来の酢酸菌は着目されなかったのでしょうか?そこで、菌美女会の代表、酒井美保子さんにお話しを伺いまいた。酒井さんは、日本綜合医学会所属の食養指導士さん。ローフードインストラクターや、スパイスコーディネーターでもあります!

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。