ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホやパソコンで眼精疲労…慢性化する前にやっておきたい予防方法

  • ガジェット通信を≫


デスクワークの人や、パソコンを使う仕事に携わっている人の多くは、目の疲れを感じる機会が多いのではないでしょうか? その目の疲れを放置しておくと、慢性的な
眼精疲労へと陥ってしまう恐れがあります。眼精疲労は、目の疲れといった症状だけでなく、体のさまざまな部分に辛い症状を引き起こしてしまうこともあります。 そのため、眼精疲労は予防することがとても大切なのです。そこで、眼精疲労の予防方法や対策について、ご紹介します。

要チェック項目

□眼精疲労は頭痛や肩こりなど辛い症状を招く □こまめなツボ押しやストレッチで眼精疲労を予防できる □メガネやコンタクトレンズの度数は眼精疲労に大きく関わっている

眼精疲労の症状

眼精疲労になると、目にさまざまな異変がでてきます。また、目だけでなく他の部分にも不快な症状が現れることもあります。

目の奥が痛い

目の奥が焼けるような痛みがあるときは、眼精疲労である可能性があります。目を酷使したせいで、目の奥の神経が凝り固まってしまい、痛みが生じています。

目がしみる

目の痛み共に、しみるような症状を感じる人もいます。目を開けていると自然と涙が出てくることもあります。

まぶしさをかんじる

眼精疲労になると、普段は平気な明るさのものも、まぶしいと感じることもあります。明るさを調節する機能が疲労によって衰えてしまっている可能性があります。

頭痛

眼精疲労が慢性化してくると、頭痛が起こりやすくなります。目の神経は頭と繋がっているため、頭にまで凝りがいってしまうと、頭痛が起こることがあります。

眼精疲労の原因とは?

眼精疲労は、目を開けているのも辛いくらい不快な症状が現れます。それでは、眼精疲労を招く理由とは一体何なのでしょうか?

メガネやコンタクトの度数が合っていない

メガネやコンタクトレンズを使っている人の場合、度数があっていないことで目に負担がかかっている可能性があります。 度数の合わないめがねやコンタクトレンズを使っていると、ものをみるために自然と力が入ってしまいます。すると、通常異常に目が疲れてしまうのです。

ドライアイ

目を健全な状態で保つためには、潤いが欠かせません。ドライアイとは、涙の分泌がすくなく目が乾燥している状態です。 目が乾燥していると、光などの刺激にから目を守るバリア機能も弱くなってしまうため、目が疲れやすくなってしまいます。 ドライアイは、放置しておくと視力低下も招くため、注意が必要です。

長時間同じ場所を見続けている

映画や本など、長時間同じもの・同じ場所を見続けていると、目の神経が凝り固まってしまい、眼精疲労を招く恐れがあります。

パソコンやスマートフォンなどを長時間使用している

仕事でパソコンを使っている人や、スマートフォンでネットサーフィンをするのが趣味だという人は多いのではないでしょうか? パソコンやスマートフォンを長時間使用していると、眼精疲労の原因となってしまいます。 パソコンやスマートフォンの使用に集中していると、自然と瞬きが少なくなり、ドライアイを引き起こしてしまう恐れがあります。 また、パソコンやスマートフォンからは、目に有害だといわれているブルーライトによって画面が映し出されています。 パソコンやスマートフォンを長時間使用することは、ブルーライトを長時間見続けることになるため、目に負担がかかってしまうのです。

ツボ押しで眼精疲労を予防

眼精疲労を予防するためには、ツボ押しがとても効果的です。少し疲れを感じ始めた地点でツボ押しをしておくことで、眼精疲労を防ぐことができます。

清明(せいめい)

目頭のあたりにあるツボです。手が触れる程度の強さで刺激することで、眼精疲労を防ぐことができます。目の横に当たる部分なので、強く押さないようにしましょう。

瞳子りょう(どうしりょう)

目尻の横、耳の前あたりの骨のくぼみの部分にあるツボです。内側に押すことで、目の神経をほぐすことができ、眼精疲労を予防することができます。

風池(ふうち)

うなじあたりの、首の骨の境目にあるツボです。眼精疲労はもちろん、肩こりや頭痛にも効果的です。肩から上の部分の神経を柔らかくする作用があります。

玉枕(ぎょくちん)

後頭部の指2本分下の部分にあるツボです。脳の視覚野の血流を活性化し、交感神経の働きを抑えます。また、目のかすみなどの症状を抑える働きもあります。

天柱(てんちゅう)

後頭部にある首の太い筋のあたりにあるツボです。肩・首・頭の血流を良くして、眼精疲労を予防することができます。

メガネやコンタクトレンズを見直そう

眼精疲労を防ぐためには、愛用しているめがねやコンタクトレンズの度数を見直すことがとても重要です。 度数の合っていないめがねやコンタクトレンズは、眼精疲労はもちろんのこと、視力低下などを招いてしまうおそれがあります。

度が合っていないと目が疲れやすくなる

メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具は、目の視力を補うためのものです。その補う器具が合っていないと、当然目には負担をかけてしまいます。 合わないメガネやコンタクトでもしっかりとみようとするため、目の神経を必要以上に使うことになり、眼精疲労になってしまうのです。

乱視が入っている可能性も

近視の度数だけでなく、乱視の有無や種類があっていないケースも少なくありません。 乱視が入っている場合は、近視だけでなく乱視も矯正してくれるレンズを使うことで、目への負担が少なくなり、眼精疲労を予防できます。

ストレッチで眼精疲労を予防

眼精疲労予防のためには、ストレッチがとても有効です。ストレッチをすることで、その部分の血流が促進され、筋肉がほぐれるのです。疲れを感じたときには、ストレッチをして眼精疲労予防をしましょう。

目を動かすストレッチ

映画鑑賞や読書・パソコンなどの長時間操作によって同じ場所をずっと見続けていると、目がこりかたまってしまい、眼精疲労になってしまう恐れがあります。 眼球を上下に動かしたり、近くと遠くを交互に見たりといった簡単なストレッチを行うことで、目の周辺の筋肉がほぐれます。

首のストレッチ

眼精疲労は、首の凝りからくるケースも少なくありません。首を上下・左右に動かしてストレッチをすることで、首周辺の血行が促進されて、眼精疲労を予防することに繋がります。

肩のストレッチ

肩をグルグルと回すストレッチは、肩こりだけでなく眼精疲労の予防にも繋がります。肩の筋肉をほぐして血行を促すことで、その近くにある視神経もほぐれて眼精疲労を避けることができます。

慢性化する前に眼精疲労を撃退しよう

眼精疲労は、慢性化すると偏頭痛や五十肩など、さまざまな症状のきっかけになってしまう可能性があります。 眼精疲労を予防することで、健康な目を維持するだけでなく、体の調子も整いやすくなります。 生きていく上でとても大切な場所である目を労わる習慣をみにつけましょう。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

その疲労感、眼精疲労のせいかも?! 目の疲れをしっかりとる方法
あなたは大丈夫?合わないメガネ・コンタクトが引き起こす6つの症状
合わない靴を履き続けるとどうなる…?体への悪影響と正しい靴の選び方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP