ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ぶつぶつ気になる鼻の角栓 いちご鼻になる前に適切なケアを

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ぶつぶつ気になる鼻の角栓 いちご鼻になる前に適切なケアを
あなたのその鼻の
角栓、思っている以上に周囲に見られているって知っていましたか? 特に男の子たちは女の子の鼻の角栓に注目しています。 ほうっておくと「いちご鼻」になってしまいますよ。鼻の角栓とサヨナラしませんか?

要チェック項目

□毎日のクレンジングや洗顔にも関わらず鼻の角栓はできている □角栓をほうっておくと黒ずみ「いちご鼻」になってしまう □黒ずん「いちご鼻」になる前に正しい角栓除去が必要

毎日洗顔しているのに鼻の角栓はできるの?

毎日洗顔をしていても鼻の毛穴は詰まっていきます。詰まるモノが角栓で、角栓の正体は角質と皮脂が混ざり合ってできているいわば日々の汚れの残りなのです。 たとえ毎日念入りにクレンジングと洗顔をしていても化粧品の固形物は残っています。そこにオイリー肌の人であれば、皮脂が入り込んでいきます。 また、皮脂とは無縁のような乾燥肌の人も実は角質が詰まりやすいのです。乾燥肌だからこそ、身体が肌のバリア機能を作ろうと必要以上に皮脂を出そうとするのです。 さらに、皮膚は乾燥するとかさかさになり硬くなります。硬くなってしまった皮膚は毛穴の伸縮が悪いので、毛穴が詰まりやすいのです。 鼻に角栓ができやすいのは、顔の他の部分よりも皮膚が硬く、乾燥しやすいからです。

詰まった鼻の角栓はとれないの?

毎日クレンジングや洗顔をしても鼻の角栓はそう簡単にとれません。もし、毎晩綺麗になっていると感じているならば、表面のニョキニョキしている角栓の頭だけが削りとれているだけのことです。 クレンジング剤や洗顔剤が鼻の表面だけで、肝心な角栓の根っこ部分までは行き渡っていないので、根本的には綺麗になってはいないのです。 にもかかわらず、一生懸命にゴシゴシ洗う事は逆効果です。肌の表面を傷め、毛穴を刺激し、毛穴を開きっぱなしの状態にしてしまい、毛穴の中の角栓を一段と目立たせてしまうことになります。 また洗顔しすぎることで肌の潤いがなくなり、身体から必要以上の皮脂が出され、角栓が作られやすい環境へと負のスパイラルができあがってしまいます。

鼻の角栓が詰まって行きつく先は…いちご鼻

角栓や毛穴の詰まり、毛穴の開きをそのままに放置しておくと、間違いなく悪化します。最初は白っぽくブツブツしたものだった角栓が、徐々に黒ずんでいきます。 「鼻周りの黒ずみ」は「いちご鼻」と呼ばれるようになります。この「いちご鼻」の原因の黒ずみはたかが皮脂が酸化したものなのですが、ここまで悪化してしまうとなかなか治すのが難しいのです。 特に鼻の黒ずみは一度なってしまうと黒くなる一方で大変なのです。

待って! その習慣! 角栓が悪化しますよ

洗顔のやりすぎ

毛穴に詰まった汚れが気になるあまり、洗顔料で頻繁にゴシゴシ洗うことで必要以上の皮脂が奪われるます。そのため、皮脂腺はより多くの皮脂を分泌しようとして、毛穴を開き、角栓の元である皮脂もたくさん作られます。

毛穴の皮脂は無理矢理押し出さない

鼻の毛穴に詰まった角栓を手で押し出したり、引っ張り出すのが楽しくてやめられない! という人も多いかと思います。無理に皮脂を出すと毛穴は、自然に排出した後よりも広がります。

引き剥がすタイプの毛穴パックは頻繁に使わない

ドラッグストアでみかける角栓を剥がしとるタイプのパックは危険です。肌の必要な角質や油分、水分までとってしまいます。 肌への負担が相当大きいので、頻繁に使っていると皮膚が硬くなり、毛穴のブツブツが余計に目立ってきます。

化粧の落とし忘れ

化粧をしたままでは化粧品が毛穴に詰まるのは当然のことですが、肌が一段と乾燥するので、より多くの皮脂を分泌することになります。 分泌した皮脂とファンデーションが混ざってしまうと、角栓が大量に作られてしまいます。

ゴッソリ取れて病みつきになる! 鼻の角栓はこうやってとろう!

ゴッソリと角栓を取るのに必要なものはオリーブオイルと綿棒です。 毛穴に詰まっている角栓は、皮脂と汚れから出来ているモノなので油分なのです。その油分はオイルに反応して毛穴の外に解けだしてきます。面白いように取れるようです。

やり方

1.入浴後やスチーマー等を利用してあらかじめ毛穴を開いておきます。 2.オイルをたっぷり染み込ませた綿棒を角栓の気になるところへ塗ります。 3.終わったら、洗顔をして、オイルをおとします。 4.その後冷たい水で洗顔をすれば毛穴の引き締め効果もあります。 5.保湿ケアを行います。

生活習慣から見直そう

生活習慣が肌状態だけでなく、毛穴の状態にも影響します。つまり、睡眠、食生活、ストレス、運動といった生活習慣が影響しています。 例えば食生活によって皮脂の分泌量が変わってきますので、糖質や脂質の摂取量の見直しも必要です。睡眠不足や運動不足では肌の機能が低下していきますので、肌のトラブルは避けられなくなります。 きちんとした生活習慣があってこそ、スキンケアの効果も出てきます。何よりもまず、規則正しい生活を送るように心がけることが、肌のため、毛穴のためにもなります。 (監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

メイクもスキンケアもしない肌断食!? 正しい手順でお肌のダイエット
ベタベタ気になる脂性肌 肌質に合わせたケアとメイクのコツを伝授
メンズスキンケアは保湿が基本!正しいケアとやってはいけない洗顔

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。