ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LinQ、新曲「負けないぞ」リリースと杉本ゆさの卒業を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州/福岡を拠点に活動するアイドルグループのLinQが、11月19日に行われた福岡・天神ベストホールでの定期公演で15枚目のシングル「負けないぞ」を2017年2月22日リリースする事を発表。またメンバーである杉本ゆさはLinQからの卒業を発表した。

杉本は2011年4月のLinQ結成時からのメンバーで持ち前の明るさでLinQの盛り上げ隊長として多くのステージを盛り上げるとともにパフォーマンス力の高さでは定評もあった。

ライブ本編では「LinQuest」からスタート。すると登場したメンバー9名の気迫のパフォーマンスで序盤から詰めかけたファンへ熱いエールを送り、続いての曲では「JUMP JUMP JUMP!」を披露し会場を大いに盛り上げ熱い熱気に包み込んだ。

最初のMCでは姫崎愛未が「会場に来てくださいましてありがとうございます!皆さん今日も思いっきり楽しんでください!」と意気込みを語り、続いて「FRIEND」「Fighting Girl」「Chocolate Kiss」「LaLaLa〜Qty version〜 」「Lie」でさらに可愛らしいを魅せるQty曲と大人の妖艶さで魅せるLady曲でそれぞれの魅力をアピールした。本編のラストでは人気のナンバー「シアワセのエナジー」で徐々に会場の空気を熱くさせたフロアに「手をつないで」を届け会場は温かな拍手に包まれながら本編のライブを終えた。

会場に鳴り響く“アンコール”を受けて再び姿を現すと、「Sweet Dream」を披露しファンへそれぞれの気持ちを歌に込めメッセージを届けた。

公演ラストには出演9名以外の11名のメンバーも登壇。総勢20名のメンバーでの「Shining Star」を披露し大歓声で公演を終えた。

公演最後にリーダーの天野なつより新曲のリリースを発表。

天野は「私たちLinQは、2017年2月22日に新曲をリリースさせていただく事が決定いたしました!今回の曲のタイトルは『負けないぞ』です。この曲は、色々な苦難へ立ち向かう人々への応援ソングです!私たち自身も常に『負けないぞ』の気持ちでどんな困難にもこの言葉と姿勢で向かって、これからの自分自身の目標に向けて進み続けるという気持ちを込めて歌います。そしていつも支えてくれている方々、応援してくださる皆様に、精一杯の『ありがとう』を込めて歌わせて頂きます。」と語った。

そして次に杉本ゆさは卒業を発表。

杉本は「私、杉本ゆさはLinQ15枚目のシングルをもって、LinQを卒業します。私は、1期生として6年間LinQの上に立つ人間だと自覚して活動してきました。LinQは私にとって夢を叶えてくれる場所で、メンバーとファンの皆さんと素敵な景色を見られる場所です。これからもっともっと進化し続けるLinQであるために、私はこの場を次の世代へバトンしたいと思います。最近は後輩のみんなが本当にしっかりしてきたなぁーと実感することが増えてきた反面、ぶっちゃけまだまだ皆本気になれてないって思います。誰かがやってくれるとか集団に甘えるような気持ちじゃLinQはでかくなれません。だからまだまだ皆本気さが足りない。こんなに最高なメンバーが揃ってるんだから、もっと応援して下さるファンの皆さんの期待に応えていかなきゃって思うんです。私が残せる物は残された時間でメンバーに伝えていきたいです。立ち止まらず進化し続けるのがLinQなので、私が卒業することもLinQにとって必ずプラスとなるように信じています。」と語り本公演は終了した。

出演メンバー
天野なつ、杉本ゆさ、瀬戸 楓、桃咲まゆ
岩本琴音、坂井朝香、桜 愛美、姫崎愛未、MYU
発表時、登壇メンバー(Shining Starのみ出演)
大庭彩歌、海月らな、小日向舞菜、岸田麻佑、原 直子、
山木彩乃、吉川千愛、新木さくら、大石芽依、髙木悠未、福山果奈

セットリスト
00. LinQ Theme
01. LinQuest〜やがて伝説へ…
02. JUMP JUMP JUMP!
MC
03. FRIEND
04. Fighting Girl
05. Chocolate Kiss
06. LaLaLa〜Qty version〜
07. Lie
08. シアワセのエナジー
09. 手をつないで
ex. Sweet Dream
ex. Shining Star

関連リンク

LinQ オフィシャルサイトhttp://www.loveinq.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。